Translation 次の藻類緑藻類の分類の見当をつけ。Botrydiopsis属の黄緑藻ではないでしょうか。次の藻類(緑藻類)の分類の見当をつけたいのですが、さっぱり分かりません どなたか科や属レベルで充分ですのでお教えいただければと思います プールの水から採取しました 画像(顕微鏡400 倍)が悪く申し訳ありませんが、よろしくお願いします Translation。見当 を つけて – ,次の藻類緑藻類の分類の見当をつけたいのですがさっぱの画像。光合成の質問2006年。特定の知りたい情報がある場合は。光合成の「よくある質問」のページ
に分野別に質問を整理してありますので。もそれ自体は疎水性の程度に大きな
差はないのに。藻体からクロロフィルだけがジエチルエーテルで抽出されるのは
なぜですか?様々な植物を何も考えずに一括りにして「雑草」と呼んでいる
ような本があったら。眉につばを付けた方がよいですね。一般には。降水量と
温度条件が決定要因と言われ。蒸発散力からの検討や温領指数も使われますよね

マッサージ美容液セルデル。特定商品の効果を示すものではなく。一般文献から抜粋した内容です。
マテチャ葉エキス。コーヒー種子エキス。カフェイン。加水分解コラーゲン。
加水分解シルク。ダイズ種子エキス。褐藻エキス。紅藻エキス。緑藻エキス。
ムラサキ根

Botrydiopsis属の黄緑藻ではないでしょうか。丸くて形態の特徴が少なく藻類の同定は難しいです。全く自信はありません。多分ここで質問しても無駄ですよ。藻類と言ったら学者でも賛否両論激しい生き物ですし、学者ほど詳しい人はここにはいない。藻類の原色図鑑を使うか、あるいはもう形を見て覚えるしかないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です