piaproピアプロ カゲロウデイズの歌詞で 8月15日。先程は質問を読み間違えていたので再度回答させていただきます。カゲロウデイズの歌詞で、
8月15日の午後12:30位のこと

8月14日の午前12時くらいを指す
ここで、少女が死んだことによって時が遡ってるのは分かるのですが、
午前12時ぐらいの時に蝉はう るさく鳴くでしょうか
その後すぐに少女と公園にいるし…
深い意味は無くて、夜も蝉ぐらい泣くだろ(鳴かないけど)と言われれば流せるのかもしれないですが、少し気になります
なにかここら辺についてご存知の方はいらっしゃいますか じん『カゲロウデイズ』歌詞の意味を考察?解釈~カゲロウ。じん『カゲロウデイズ』歌詞の意味を考察?解釈~カゲロウプロジェクトの発端
となった伝説の名曲を読み解く~ 月日の午後時半くらいのこと天気が良い
病気になりそうなほど眩しい日差しの中することも無いから君と駄弁だべっ
ていた年月日にネット投稿され爆発的な人気を得た楽曲である。

カゲロウデイズ。初音ミクが歌うカゲロウデイズの歌詞ページふりがな付です。歌い出し「月
日の午後時半初音ミクの歌詞を一覧で掲載中。初音ミク
リリース; 作詞 じん; 作曲 じん月日の午後時半くらいのこと天気が良い
病気になりそうなほど眩しい日差しの中することも無いから君と駄弁っていたカゲロウデイズメカクシティデイズ。月日の午後時半くらいのこと天気が良い病気になりそうなほど眩しい
日差しの中することも無いから君と駄弁っていた 「でもまぁ夏は嫌いかな」猫を
撫でながら君はふてぶてしくつぶやいた あぁ。逃げ出した猫の後をpiaproピアプロ。カゲロウデイズ 歌詞 8月15日の午後12時半くらいのこと天気が良い病気に
なりそうなほど眩しい日差しの中することも無いから君と駄弁っていた 「でも
まぁ夏は嫌いかな」猫を撫でながら君はふてぶてしくつぶやいた

カゲロウデイズ”。; で聴く 歌詞 月日の午後時半くらいのこと天気が
良い病気になりそうなほど眩しい日差しの中することも無いから君と駄弁だべっ
ていた「でもしぶきの色。 君の香りと混ざり合ってむせ返った嘘みたいな
陽炎かげろうが「嘘じゃないぞ」って嗤わらってる夏の水色。 かき回すような
蝉のファン「『カゲロウデイズ』の歌詞で8月15日を繰り返すのは。カゲロウデイズとは。じん自然の敵が年月日に投稿した初音ミク
オリジナル曲である。歌詞 8月15日の午後12時半くらいのこと天気が良い
病気になりそうなほど眩しい日差しの中することも無いから君とJin。カゲロウデイズ 月日の午後時半くらいのこと 天気が良い 病気になりそう
なほど眩しい日差しの中 することも無いから君と 駄弁 だべっていた

カゲロウデイズ。カゲロウデイズ 月日の午後時半くらいのこと

天気が良い 病気になりそうなほど
眩しい

先程は質問を読み間違えていたので再度回答させていただきます。私が思うに、?やけに煩い蝉の声覚えていた?という歌詞なので、8月15日の午後12:30位に鳴いていたやけに煩い蝉の声を覚えているという意味だと思います。すでに回答があるように、蝉の声がしていたのではなく、15日に聞いた蝉の声を覚えていた、と歌詞にかかれていると思います。その後すぐ公園に行ったのではなく、昼間になってからだと思います。その間の、寝た朝ごはん食べたなどのことは歌にしるされていないだけだと思ってます。わんにゃんぷーさんのPVを見たのだと思うのですが、PVはその歌に合わせているだけです。ちなみに本家のPVはしづ氏が描いた静止画のやつです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です