2019年版 運転免許統計の注2種類以上の運転免許を保有。別系統なので上位下位の関係にはありません。運転免許統計の「(注)2種類以上の運転免許を保有している者は、上位の運転免許(本表の左側となる運転免許)の欄に計上している 」について、二輪と四輪は別系統でなのに上位下位関係がある のですか 第3編。注。上記区分中。2種類以上の条件が付されている場合は。表の上側となる区分
に計上。 資料。警察庁「運転免許統計平成年版」 身体障害者標識?聴覚障害
者標識 □図表運転免許統計平成21年版補足資料1。,, ,, ,, ,, , , , ,
, ,, ,, 注 2種類以上の運転免許を保有している者
は。上位の運転免許本表の左側となる運転免許の欄に計上している。 ?1?2019年版。年男性女性計○ 運転免許保有者数の推移各年末現在単位。人大型中型普通
大型特殊けん引小計大型中型準中型普通現在単位。件注。種類以上の運転
免許を保有している者は。保有しているすべての運転免許種類欄に計上している
。自動車等の種類○○○○○○第一種免許の種類○ 運転免許の種類注。普通
免許。大型二輪免許にはAT限定免許もある。資料。本頁統計データはすべて
警察庁大型免許○○○○○中型免許○○○○準中型免許○○○普通免許○○○
大型特殊

運転免許統計を見ていて気づいたこと12019年に大きな変化が2。以来。一貫して増え続けてきた運転免許保有者数が。この月に発表された
年の運転免許統計で始めて減少した。この歴史的ともいえる大きな変化の全て
の運転免許を含む。ただし。一人で複数の免許を受けている場合は。より上位の
免許だけを数えている。 このグラフを見ると。万人弱で始まった免許保有者
は年に万人を超え。年以上前に万人を超えた。保有していても意外と知らない。身近なものではありますが。統計を眺めてみると意外と知られていなかった事実
も…これは保有者が人もいないというわけではなく。表の下部にある「種類
以上の運転免許を保有している者は。上位の運転免許本表の

別系統なので上位下位の関係にはありません。なので、警察庁の免許統計の「種類別運転免許保有者数」の表では、大型二輪の左側に大型自動車~普通自動車?大型特殊自動車が並んでいても、自動二輪と四輪の免許を両方持つ人間が四輪側に集約されて計上されている訳ではなく、自動二輪は自動二輪の枠内での計上です。つまり、表の右端にある原付と小型特殊の件数は、原付と小型特殊だけを持っている人の数だと言う事になります。私は一体何処にカテゴライズされているのだろう笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です