2016年05月 桂小枝が前座で愛宕山を高座にかけるとど。小枝の愛宕山は紅梅亭の2011年暮の公録で中トリで演じているのを観ましたが、いつもの楽屋落ち等のマクラは無くいきなり本題に入り、約20分で真面目に演じ、サゲのみ変な次席の「星野屋」とかぶる変更をして終わっていました。桂小枝が前座で愛宕山を高座にかけるとどうなります 高岳堂Bloggoo出張所163ページ目。上方落語を愛す高岳堂出張所ページ目花丸「ろくろ首」
は。前座の立場をわきまえた。緩やかな温め方で。穏やかな高座は上品で人柄が
出ている。助演もリキが入っているし。「愛宕山」と「猫忠」をかけているの
が文化庁他に桂小枝。桂ざこば。桂千朝。桂小米朝。桂米朝各師のコメント。上方落語史料集成。枝三郎。春堂等も神戸を離れる事になります。浪花落語桂小枝落語手踊
笑福亭年之助落語音曲桂團橘軽口掛合噺桂扇栄館 猫忠富團二
佐々木裁判仙人軍人車圓三遊山舟楽之助愛宕山枝三郎おこの
日トップを承つて高座にあらはれたのは柳家三亀松。この人にして前座を勤める

2016年05月。金「動楽亭昼席」午後時?動楽亭地下鉄「動物園前」番出口すぐ/桂米輝
。桂ひろば。桂壱之輔。桂小枝?仲入?桂福車。立花家千橘/円当日受付
のみ/問。米朝事務所 — ?/金「三語落語へらへらメール。トリの小枝さんの「愛宕山」で下座とのタイミングが少し合わなかったところが
あり。6月の新治さんの大丸屋ではうまくいって欲しいなと頭をよぎりました。
兵庫県西宮市 YK様テレビによく出ている桂小枝さんが出演噺の話。桂雀々著『必死のパッチ』 今年月に文庫化されたのだが。ようやく読んだ
ところ。ただし。手をつけてからは一気に読んだ。そして頁にも満たない
この本に目一杯 詰まった。壮絶な桂雀々。いや松本貢一少年独り立ちの

前代未聞。年に三代目桂小文枝五代目桂文枝に入門し。「こえぴょん」の愛称で
老若男女に親しまれ。関西を中心にテレビやラジオなど多方面で活躍してきた
小枝。芸能生活周年を迎えた昨年は『桂小枝の全国ツアー』を行い

小枝の愛宕山は紅梅亭の2011年暮の公録で中トリで演じているのを観ましたが、いつもの楽屋落ち等のマクラは無くいきなり本題に入り、約20分で真面目に演じ、サゲのみ変な次席の「星野屋」とかぶる変更をして終わっていました。前座なら、中トリよりこの演者の任に合っているでしょう。持ち時間はこれよりさほど長くはならないでしょうから、前半の山登り部分を圧縮して会長も替わった落語界のレポートをしてくれれば座も温まって良いのでは。サゲはオーソドックスに粗忽オチにした方が演者のキャラにも合って良いと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です