20代の皆さんへ 非正規の人でも年金を払っているのに専業。専業主婦の旦那さんはたいてい高収入だから、税金も年金保険料も2倍払ってるからだって。非正規の人でも年金を払っているのに、専業主婦は年金を払わなくても良いのは何故ですか 専業主婦優遇の3号年金はなぜ廃止されないか。社会保険厚生年金?健康保険のパート労働者への適用範囲を拡大する政府内
の議論が大詰めを迎えている。であるが。年後には経済成長と労働参加が
一定程度進むケースでも%に低下すると推計している。これがそれ以前は
会社員の妻も任意で年金保険料を払って国民年金に加入していた。出産で非
正規?コースも億の損日本の専業主婦が実は億円も損しているワケ国民年金保険料を納めたことがない専業主婦。専業主婦で。国民年金第号被保険者になっている場合。自身に保険料の負担は
ありません。長く専業主婦を続けていると。自分で保険料を払う感覚がないこと
もあるでしょう。 しかし。専業主婦だった人でも。今後保険料を納付することが
ありますので。自身が今後それに該当する場合を想定しておきま

専業主婦の終わりの始まり。2点目は。専業主婦は年金を払っていないのは不公平。という不公平論。
そして第被保険者は「第号被保険者の被扶養配偶者」国民年金法と定め
られおり。実質的には専業主婦の女性が%を占めます。比較対象が個人単位
?世帯単位と別物であって。第号被保険者たる専業主婦について「保険料を払わ
ずにタダ乗りしている」との批判は論点第30回 非正規のキャリア阻む「第3
号」制度 改正で低賃金と少子化克服を」で次のように指摘しています。「働く人=オール厚生年金」時代。今回。考えてみたいのは。今年の法律改正で前進する「働く人はみんな厚生年金
に入る」という時代の流れについてです。なんとか手取りを増やそうと仕事を
しているのに。%も保険料が引かれるのは困るというわけです。一般的な
国のモデル年金は「夫会社員+妻専業主婦」としていますが。年金制度でいえば
。「夫厚生年金+同じ職場で働く人を「正社員か非正規雇用か」という区別
をしてきた慣習は。厚生年金の適用の有無。退職金を払うか払わ

20代の皆さんへ。ただし。厚生年金の保険料は半額を事業主勤務先が負担しており労使折半
。実際に皆さんが払っているのは半分の%分です。アルバイトや非正規
雇用の方でも。勤務時間などの働き方によっては。厚生年金に加入する場合が
あります。専業主婦?主夫の年金については。こちらのページをご覧ください非正規労働者こそ厚生年金に加入しよう。サラリーマンは。厚生年金保険料が給料から天引きされたことで。国民年金の
保険料も支払ったものとみなされます。そこで。パートで働いている
サラリーマンの専業主婦の多くは。年収が万円に達しないように働く時間を
調整しているわけです。独身の非正規労働者は。国民年金に加入していると
年間万円ほどの国民年金保険料を払わなくてはいけませんが。一定の条件
しかし近年。波佐見焼がモダンに変貌を遂げ。日本はもちろん。海外でも人気に

半減案も浮上??専業主婦の年金問題?の核心。これに触発され。ネット上では「働いている女性は年金保険料を払っているのに
。年金保険料を払わずに年金無業の配偶者でも。第号被保険者の配偶者
例えば。自営業者や非正規雇用者の配偶者は第号被保険者に国民年金第3号被保険者制度の廃止について。専業主婦の佐藤優子さん仮名。は。昨年秋。若いとき会社で働いていた
ので歳から もらえる厚生払ったとみなして年金が支給されている主婦に
対処するためにも。早急な決定が必要となった。配偶者が第2号で被扶養の
範囲であれば。保険料を払わなくても払ったとして年金を給付で続けて。ここ
でも。もと第3号への配慮から。「行政の取り扱いを信頼してきた受給者の
たしかに。今や労働者の4割を非正規労働者が占めるようになっており。この
傾向は続くと考

専業主婦の旦那さんはたいてい高収入だから、税金も年金保険料も2倍払ってるからだって。例えば、年収が夫500万、妻500万の共稼ぎ夫婦より、夫一人で年収1000万のほうが、累進課税で税金が倍以上、厚生年金はちょうど2倍払ってるからだよ。ちなみに私は、夫が高収入でも、専門職で働く主婦だから関係ない。結婚している相手の配偶者が、厚生年金に加入している場合、その扶養になっている、いわゆる3号被保険者ですが、この3号は、保険料の自己負担はありませんが、3号の保険料は、厚生年金の制度から、まとめて、拠出されて、国民年金に払われているのです。ようするに、2号のみなさんが、3号の年金保険料を払っているということで、問題は、3号の配偶者の有無で、払う保険料が多くなるわけではない。3号の配偶者がいても、独身でも、等級など条件が同じなら、払う保険料が同じであることだから、この2号の人から見れば、不公平ですが、つまり、誰が、払ってるということでは、問題あるけど、国民年金としては、年金保険料は回収はしているのです。なお、3号被保険者は、男女の区別はありません。一方、専業主婦でも、配偶者が、国民年金1号被保険者なら、専業主婦でも、1号被保険者だから、自分で保険料払います。1号は、自分で直接、納めるから、拠出してくれるところはありません。そして、配偶者、世帯主は、連帯納付義務者だから、配偶者に収入あるなら、配偶者の収入で払えってことです。私も非正規で厚生年金加入者ですが、60歳過ぎていますので、女房の国民年金5年不足分を払ってやりたいのですが、厚生年金で4万円引かれて更に女房の国民年金16,400円を払うのは、非常に厳しいです。現状のように、厚生年金から夫婦2人分の国民年金に回す仕組みでないと、生活困難です。厚生年金を払って更に国民年金ダブルで払えるのは、ごく一部の富裕層のみです。本人負担がない のと 払われていない のとは同じではありません。また、専業主婦と一括りにするのではなく、厚生年金を配偶者にもつ 専業主婦 第三号の話で自営業者の 専業主婦 は納付しています第三号制度S61ができる前は、国民皆年金制度ではなく学生は、任意加入 H3 強制にかわるサラリーマンの妻も 任意加入 S61強制にかわるつまり 加入が任意でした。任意ですから、加入していない人も大勢いました。その結果、熟年離婚などすると、年金がもらえない。女性が沢山いるなど、社会問題となりました。その為、皆年金制度 にしようとしました。では、サラリーマンの奥様に 保険料を負担して加入してもらう という案と夫の厚生年金支給額を減らして、妻の基礎年金を捻出しよう という 案があり後者の方を選択しました。結果、以前のままだと夫 年金 約23万 だったのが夫 年金 約17万 妻 年金約6万 のようになったのです。保険料のお金の流れとしては、夫は、厚生年金として 2万5000円 払う 会社も 同額2万5000円払う 5万えんは厚生年金として 年金機構に納められる年金機構では、5万円を 厚生年金全体の会計に一度いれてそのなかから、厚生年金加入者+ 第三号の人の分× 国民年金保険料今は約16000円月を国民年金の会計に 繰り入れます。なので、国民年金の会計としては、厚生年金の人の分も 扶養されている人の分も払われています。だから、自営業者の妻が ずるいって怒る筋合いではありません。夫 自営業 妻 専業主婦 は、確かに2人分払いますが夫 会社員 妻 専業主婦 も 国民年金としては2人分はらわれています。ただし、一生 独身だった人 は、23万もらえるはずの年金が17万になっただけ なので、割りを食っていますし一生 共働きだった人会社員は、 23万×2が 17万×2 と割をくっています夫自営 妻 会社員 あるいは 妻自営 夫 会社員も 割りを食っています。ここが不平等という話しです。厚生年金加入者間の 負担の在り方の問題です。終身雇用、年功序列、専業主婦が多かった時代としては、あたらに負担を増やさず、年金支給額を増やさず、減らさず皆年金制度を実現する 方法としては、よく考えられたのだと思います。ただし、時代にあわなくなっています。一方が 会社員 もう一方が 専業主婦夫でいられるのは、裕福な家庭のことが多いです。年収がそれより少ない両方会社員 が 裕福な家庭より割りを食うというのは、筋が通らない話です。現代では、不公平な部分が多くなっているといえるでしょう。※ ただ、払っていないから もらうのはおかしい と単純に言える問題ではない ことはご理解頂いたと思います。 今後は、同性婚 の問題などもあり 事実婚は、扶養OKですが、同性婚はNGです。 扶養制度の在り方自体が問われてきます。 今でも第三号の在り方は議論されていますが※ まあ、第三号を廃止し、基礎年金保険料を徴収する そのかわり 厚生年金の給付を増やす とすれば、 高齢夫婦の不足問題は、多少解消はしますが、 そのかわり、年金負担が新たに発生するので、 それはそれで、大変です。1号の専業妻は年金保険料払ってますが?1号専業妻さん達は専業主婦で一括りにされたくないって怒ってるよw厚生年金に配偶者が加入している場合に限り、60歳未満なら、払う必要はありません。60歳以上は任意加入が必要です。払っていない訳では有りません。旦那扶養者や、独身者、共稼ぎの主婦の厚生年金で賄われています。役人や経営層が、自分の妻の年金を支出少なく確保するために考え出しました。国が決めたから不妊や子無しはレアケースだけど子供を産んでくれて納税者を複数生み出してくれる女性への優遇処置だと思ったらいい結婚せず出産せずだと国民が減り納税者が少なくなる今だけを見越して年金取るより20年後を見越して納税者の数増やしたいんですよ配偶者扶養という考え方です。健康保険も同じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です