1590年 1590年に北条家の家老だった松田憲秀は秀吉。角度を変えた回答でよろしくお願いいたします。1590年に北条家の家老だった松田憲秀は秀吉の小田原城攻めで北条家を裏切り秀吉に内応したのは何故ですか 軍師官兵衛:第40回。年。北条家家老?松田盛秀の子として生れた憲秀は。 氏政の父?氏康に
年。憲秀歳の頃。豊臣秀吉による小田原攻めが始まり。 小田原からすぐ小田原征伐。豊臣秀吉の小田原征伐小田原攻め。小田原城攻めにおける詳しい年表です。
豊臣秀吉は北条氏政に宛てて。宣戦布告の書状を発送月
日 豊臣秀吉は北条家に対して朱印状を以って。全国の諸将に陣触れを発した。
年 月日~日 北条氏直が陣触れを出す月日 徳川勢より各地に
向かった攻略部隊が玉縄城を開城?降伏。月日 豊臣秀吉に内通していた
松田憲秀が。次男?松田直秀の注進を受けて。北条氏直に捕らえられて自刃

戦国相模国人名事典。小田原城の重要な評定に列席するようになり後北条家の様々な政策に関与した。
伊勢盛時。北条氏綱。北条氏康の三代にわたって仕え。伊豆二十一家の筆頭
家老職として重用された。年「鶴岡八幡宮の戦い」父松田憲秀の取り成で
。北条氏直に帰参した。年。羽柴秀吉の「小田原の役」では。父松田憲秀
と共に羽柴秀吉勢に降風魔一党と北条氏康の繋ぎを務めのが二曲輪猪助だった
。年。扇谷上杉朝定方の情報を把握した北条氏康は。十分の一の静岡?古城をゆく。終焉迎えた関東の中世戦国期豊臣秀吉の小田原征伐は北条氏の「沼田領裁定」に
違反した名胡桃なぐるみ城群馬県城三島市を陥落させた。4月に
入り。先鋒せんぽうを命じられた徳川家康らと合流し小田原城の包囲網を
整えた。秀吉は主戦論者であった氏政と弟の氏照。家老の大道寺政繁。松田
憲秀に切腹を命じた。小田原城は箱根山から延びる八幡山丘陵に主要城郭を配
し。その陵上の小田原高校周辺が「八幡山古郭」という旧本丸だった。

松田城神奈川県松田町の見どころ?アクセスなど。松田城は松田憲秀の先祖である松田氏の居城です。波多野義通の子である憲秀
は北条氏の筆頭家老となりましたが。年天正年の豊臣秀吉による「
小田原征伐」で北条氏が滅亡すると。廃城になったと思われます。現在城址は
高速1590年。小田原征伐 <軍の編成>伊達家文書による小田原征伐陣立書 豊臣軍兵数
秀吉本隊 豊臣先に館林城を攻略した説も有り
北条家文書 月日~日。織田信雄家臣の岡田利世が小田原城へ入り氏直と
面談する。小幡文書 月日。秀吉が肥後の加藤月日。小田原城内では
家老の松田憲秀とその長男 笠原政晴政尭が秀吉に内通する。先年対馬の宗義
智に朝鮮国王の上洛をさせるよう命じていたが。訪日したのは国王ではなく使節
だった

角度を変えた回答でよろしくお願いいたします。北条記という軍記物があります。この中で まず四代目氏政公に 君もなければ公もなく さらに 文では 氏政は老臣松田入道の悪だくみにより内政を乱された以下省略???と散々な内容です。軍記物の 影響力は とても強く それを紹介する書物や記載、講壇等で広まると 善くも悪くもとされてしまい 先入観や言い伝えにより それが真実とされてしまいがちです。現在でも 北条の最後は 花の慶次で 描かれてしまう程にありますが しかし物語りであるので 致し方無いと思います。覆す文献があれば 昨今真実が多々ありますが 見直すことということで 御時間を拝借。 松田憲秀は 姓こそ松田ですが 姻戚含め 北条一門です。内政、外交をこなし北条を切り盛りする、又は 武田信玄との駿東方面では 義兄の北条綱成と共に 抗戦するなど 北条一門でも力と権威を兼ね揃えています。 問題は 長男です 。伊豆郡代の北条歴代の家老白備えともでもある笠原氏に養子または御見役とされるも 武田勝頼に内通し 笠原氏の義弟を討ち取ってしまいます???松田憲秀の権威もあり長男は武田滅亡後帰参します。1590年小田原仕置きの際には、清水康英が伊豆郡代の守備に配置されます。長男は失脚に近い立場です。松田憲秀は 主戦抗戦派とされますが、 一説では 松田憲秀が独断で 伊豆?相模を安堵して頂きたいと 願文を豊臣氏にしたためている説もあります。 氏直、氏規同様に 北条一門として あくまで 小田原仕置きを招いた懲罰対象の氏政の弁明に務める和平派と氏政と共に 抗戦派となれば 話は別です。 ただ願文が事実でも 仕置きを招いた後ですので 伯父に近い立場であっても ままならなく 氏政の首が和平の道と思います。 またその計略を豊臣側 堀秀政から長男に持ち出されて 松田憲秀が 承諾すれば 裏切りとなります。 密告した 次男は 黒田如水により 許されました。説には 秀吉は次男の首を跳ねろとしましたが 如水は 長男の首を跳ね 次男は 北条一門として義理を通したと??? これも説ですし 長男は北条により斬られたともあります。松田憲秀は 多方面の計略があり混乱し 疑心暗鬼になり さらに 氏政は最後まで可愛い 御曹司だったとすれば 内応や裏切りは なく 北条一門として最後を迎えたのでは? 私は裏切ってないと思います。 俗説による伝えが 悪い方向に脚色されたのでしょう。秀吉軍21万人、北条軍5万では、勝てないのは当然と思ったからでしょう。次から次へと支城が落され、内応するのは当然ですよね。松田憲秀の息子で、笠原氏の養子になった、笠原政堯は、一時、北条氏から武田氏に寝返っていて、武田氏滅亡に際し、北条氏に帰参しています。その結果、当然の報いですが、冷遇され続けていたため、秀吉の小田原攻めに呼応して、再度裏切りを決意し、父である松田憲秀も、これに同調したと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です