高齢者の交通事故を防ぐために 都会でヌクヌクと遊んでいる。お祖父さんの自宅から、最寄りの小売店までのタクシー代金コンビニと、もう1件ショッピングセンターと、一番近い総合病院までのタクシー代金を調べて、手紙を書いて、その講習をしている都会の高齢者に渡しては、いかがでしょうか。都会でヌクヌクと遊んでいる高齢者が免許返納運動をしているのが本当に許せません 自分の祖父は今年で82歳になりますが、免許返納を出来ない状況です というのも最寄りの小売店まで車でも30分かかり仕事(農業)の関係上また自宅付近のバスの本数の少なさ(半日に一回)で車が無いと何も出来ない場所にいます そんな祖父の自宅 もしくは自治会館に都会の高齢者の方が免許返納の講習会というのを開かれたそうです そんな講習会の内容がというと「小売店までは電動自転車 」「仕事なんてやめちまえ 」「バスは待てばいい」何て言って内容を聞いた途端本当に飛び上がりそうになりました 彼らは祖父たち田舎暮らしの老人がいかに苦労しているかを理解していないのです 年金だけじゃ生活に無理がありますし先程も言ったように小売店まで車でも30分自転車なら何分かかるやら 何より祖父自身が運転が好きで免許を取って55年間無事故無違反の超が付くほどの優良ドライバーでちゃんと夜間は絶対に運転しない事などの自分ルールを設けています そんな田舎暮らしの祖父に免許返納をしなければいけないなんて言い張る都会住みの高齢者また「免許返納バンザイ 」なんていうマスコミ 最終的には政府に腹が立ちます 免許返納をする事自体は悪い事だとは思わないのですが、免許返納をしても‘絶対’に苦労しない制度作りをすべきだど私は思います また長くなりましたが、最後に質問です 先程言った都会から来た免許返納をした高齢者の方々の講習会で祖父は結構堪えたみたいでちょっと心に傷を負ったみたいです 今度は半年後に来られるそうなのでその時ガツンと言ってやろうと思いましたが、仕事があるだけに行けそうもありませんどうすればいいでしょうか 高齢者運転免許自主返納サポート協議会加盟企業?団体の特典一覧。運転経歴証明書交付済シール」付きのマイナンバーカードを提示して。特典を
受けられる場合は。事前に各店舗 令和元年月日より。運転免許を失効
した高齢者の方も運転経歴証明書の提示により高齢者運転免許自主返納各店舗
へ電話予約時に。運転経歴証明書を持っている旨をお伝えください。

運転免許の自主返納を考えてみませんか:目黒区公式ホームページ。長年に渡り安全運転を続けてきた優良ドライバーの方でも。年齢を重ねるごとに
注意力や判断能力。運動能力は確実に落ちていきます。運転経歴証明書は運転
免許証と同等の身分証明書として扱うことができるほか。原則として歳以上の
高齢者の方は。高齢者運転免許自主補助の対象となる高齢運転者の要件は。
都内に住所を有し。運転免許証を所持している歳以上の方です。高齢者65歳以上の運転免許証の自主返納を支援します。更新日。 東海村では。高齢者が当事者となる交通事故を減らす
ため。運転に不安を感じている高齢者歳以上の方で。所有するすべての
運転免許を自主的に返納した場合に支援を行います。

兵庫県/運転免許の返納をお考えの高齢者の方へ。防止対策事業補助金飲酒運転の根絶自動車運転代行業者のみなさまへ四季
の運動全国交通安全運動。交通事故防止運動歳以上の高齢者の方はこの
「運転経歴証明書」を提示することにより。高齢者運転免許自主返納サポート
協議会加盟兵庫県警察ホームページ運転経歴証明書を提示して受けられる特典
の一覧外部サイトへリンクなお。更新センター。更新手続きを行っている
警察署。警部派出所で申請される場合は。申請用写真は不要です。甲府市/運転免許証返納高齢者支援事業について。近年。高齢ドライバーが第当事者事故の主な原因者となる交通事故の割合が
増加してきていることから。高齢者の運転免許証自主返納が注目されています。
甲府市ではその促進策として。自主的に運転免許証を返納した

都会でヌクヌクと遊んでいる高齢者が免許返納運動をしているの画像。半田市/高齢者運転免許自主返納促進事業。運動機能?身体機能の低下や自動車等の運転に自信がなくなっているなどの場合
に。運転免許の自主返納という制度があります。本市では運転免許を自主返納
された高齢者の方へバスもしくはタクシーの利用券を交付しています高齢者の交通事故を防ぐために。しかし。個人差はありますが。身体機能は確実に低下します。 「運転に自信が
なくなった」「家族から心配と言われた」などの理由で。ご本人が自らの意思で
有効期限の残っている運転免許証を返納するのが。「運転免許の申請取消し

お祖父さんの自宅から、最寄りの小売店までのタクシー代金コンビニと、もう1件ショッピングセンターと、一番近い総合病院までのタクシー代金を調べて、手紙を書いて、その講習をしている都会の高齢者に渡しては、いかがでしょうか。車で片道30分だと、タクシー代金は、3500円を超えるでしょう。1回往復すると、7000円以上がかかります。質問者様のお祖父さんは、お孫さん、お子さんがすぐそばに住んでいるのですから、免許返納しても、それほど困らないでしょう。しかし、田舎では、子、孫が遠隔地に住んでいる人の方が多いですよ。その方たちは、タクシーを頼むか、NPOたぶんNPOがやっているのだと思いますへお金を払って、バス停までの車での送迎を依頼するしか、方法がありません。田舎は、バス停もすごく遠いのです。徒歩では行けないことが多いです。都会と同じような感じで、バス停があると思っている都会人がいたとしたら、あまりにも物知らずといえるでしょう。1本バスを逃してしまったら、その場所で3時間待ち、4時間待ちなどになります。元気なうちは、バスを使えても、少し身体を悪くしたら、タクシーでしか移動は無理になります。少し身体を悪くした後、何年生きるかわかりません。長く生きれば生きるほど、お金がかかります。そして、タクシー利用によってお金がなくなり、生活が困難になります。そうなったら、通院も買い物も諦めて、自宅へこもるしかありません。最後は、自宅で餓死?治療中断による病死?大げさなことを言ってるのではありません。お金が足りない人は、どうしろと思っているのか、講習をしている人に訊いてみたいくらいです。たしかに高齢になっての運転は危険ですよ。しかし、交通費のこと、どうするの?という超重大な問題があります。それは、他人が介入できない事柄なのです。免許を返納すべきかどうかは必要に応じて、ではなくて、能力に応じてなされるべき。年齢にかかわらず能力があれば他者を傷付ける蓋然性が低ければ、免許を保持し、運転を継続するのには何の問題もない。そうでなければ、生活の必要、などと甘えた言い訳などせずに運転はやめるべき。自分の都合よりは他者の権利、個人のエゴより公共の福祉。それでも生活ができない、という言い訳には . . . これまでに未来を考える時間は十分にあったハズで、何も対策をしてこなかった本人が責を負うのが全うであるし、行政などが手を差し伸べるのも致し方ないとは思う。ただし、これも若い人に使われるべきリソースを奪わない範囲で。『今度は半年後に来られるそうなのでその時ガツンと言ってやろうと思いましたが』 中国では運転免許定年が70歳なので、皆さん60歳代から移住とか準備されると聞いています。免許定年の無い日本では運転の必要の無い人は返納で、必要な人は継続で良いのでは。まだまだ仕事が出来る能力があるなら、まったく関係ない話です。免許の返納は能力の無くなった高齢者の話。能力のある高齢者がリタイアする理由なんてどこにあるのかが理解出来ません。ここでそんな質問をすれば、82歳でも仕事をして社会に必要とされている人を妬む気持ちから「 早く免許を返納しろ 」と足を引っ張りたい輩が回答してくるだけです。別に、社会から不要とされた人の話を聞きに行くからダメなんですよ。社会から不要とされた人なんてね。行政に訴えて、無料バスを出す、電動アシスト付き自転車を買ってあげる。そのうち、あなたのクルマや、家族に突っ込まれますよ。そうなってからでは遅すぎます。最近、「免許返納しなければ悪」みたいな変な風潮になってきましたね。その変な講習会に出席しなければ良いのでは?半年後には刑務所に入ってますので気にしなくてもいいのでは。都会の若者が轢かれると困りますので田舎から逃さないでくださいね。健康管理のためには、週に2回ほど、2時間以上の散歩が最善です。日に1.5時間の散歩は、条件が許せば??必須です。徒歩時間を増やせば、健康寿命が延びます。免許の返上または継続の選択は、1事故を起こす可能性がほぼ無い健康な方であることです。?目視能力、運転技量、突発性の病気が無いことが、条件です。2生活環境田舎暮らしは2次的なものです。田舎なら突っ込んでも田んぼか畑なので大丈夫です。アホが知ったかぶりで免許返納と騒いでいるだけです。田舎暮らしは車がないとやっていけません、わたしも最寄りのスーパーまで車で10分程度のところに住んでいますが車がないと厳しいです。言いたい奴には言わせておけば良いよ洗脳された奴の話など真に受けるな!あと、今後はそういう場には顔を出さないこと。人からあーだこーだ言われて免許返納なんかしたところで、誰も誉めませんから。都会から来た免許返納をした高齢者の方々の講習会?無視すればどうでしょうか。村の誰かの紹介で来てるんで断りきれない?役場とか自治会とか?講師は何も分かっていないようだから呼ぶなと言ってやりましょう。代わりに田舎の高齢者が困っている話を聞く会にでもしてもらいましょう。あんたもしくは他の家族が、祖父と同居してやれば済むことじゃないか?それほどまで祖父を思うのなら、誰かが仕事を休むのではなく、みんなで交代で、車に乗れなくなったお年寄りを、サポートしてやれよ。あんたのじーさまだろ?高齢者の免許返納運動なんてとんでもない思い違いです。個人の自由を奪う法律違反とも言えます。先日、返納した高齢者がどうしても必要と車に乗られて事故を起こし、無免許運転で大きな罪になられたようです。本当に自ら返納をされる人は良いですが、説得などをして無理やり返納させるなんてとんでもない勘違いです。それよりも高齢者の事故を減らすのは免許を持っていても乗る機会を少しでも減らしてあげる事です。乗る機会が半減すれば、事故も半減するかもしれません。どうして乗らずに済むようにするかと言えば、先ず核家族化を見直し3世代同居で住宅問題を含めて考え直す事です。同居していれば高齢者の代わりにお嫁さんや子供が代わって運転して送迎も出来ます。バス何て経費が掛かりますから、小さな自治体単位で、巡回のミニバンを定期的に運航して、買い物や病院などに行けるようにする。タクシー会社とタイアップして、乗り合いで決められたコースを巡回するシステム雨の日はタクシーが多忙なら運休でも良いあるいは、仕事場では高齢者の自宅への送迎を出来るようなシステムにする???など幾らでも乗らずに何とかできる方法も有ると思います。まずはその努力は必要ですし、実際に家から田畑や農産物の納品等の最低限の運転は気を付けてやって貰っても事故は減ると思います。自動ブレーキや自動運転の車を高くても高齢者に与えておけば良いなんてのも、大きな思い違いで、多くの踏み間違い防止装置も時速10キロ以内でなと聞かないレベルですから、そのスピードでは仮に止まらなくても人を殺す事は無いかも知れません。人を殺すスピード迄効果的な装置で夜でも霧でも見通しが悪い時でも効果的に聞く装置の開発にはまだ何年もかかるでしょうし、まともな装置を付ければとても高齢者の買える価格では無くなります。電動自転車でこけたら、高齢者なら殆ど骨折などの大けがになりますし、寝たきりになってしまう可能性は高いのに、そんな物を誰にでも勧めるなんて、むしろ危険で暴力と同じです。免許証の返納を勧める会を辞めて、高齢者が少しでも運転する機会が減るようにする社会運動の会にして下さいって、文章で事前に送ってはどうでしょう?で反応が無くて次回も開催の案内が来たら自治会全体に呼び掛けて、全員ボイコットで欠席にされると良いと思います。残念ながら報道番組などでのコメンテーターも形ばかりの良い格好を言われて、実情は何もご存知ないので、誤った方向に行って入るのが残念です。私も既に70代になりましたが、なるべく娘や娘婿達と一緒にに出かけて運転を減らしていますし、夜や雨の日の運転も減らしています。もっと危険と思えば運転は止めると思いますが、更新を出来る間は免許証を持ち続けますし、仕事を辞めても持っいる別の国家資格の免許証と共に墓場まで持って行きたいです。個人に与えられた資格を無理やりはく奪されるなんて許せません。しかし能力的に更新は出来ないと言われた時は素直に受け入れられます。都会から来た講師の人には一週間ほど空き家にでも泊まって貰えば?勿論 食べる物は自分で買いに行って貰いますよ不便さを体験して貰えばどうですかねまぁ返納するに越したことはないでしょうから返納後に何をしてくれるかですねタクシーやバスの無料利用券等は必ず欲しいですねタクシーが無いなら作って貰う若しくはUberの導入を考えて貰う出前の方じゃないよUber検討すると後々タクシー会社入れないので阻止をするためタクシー会社が入ってきますよあとは政府には車関係の企業にもぶつからない車では無くぶつかっても安全な車の方向で考えて欲しいですね原付だけど三輪だったり四輪みたいなかんじであなたの気持ちはわかりますが、事故というのは相手を巻き込むことだけじゃないですよ自損事故で死亡することだってあります自損事故による死亡は都会田舎関係ないです55年無事故無違反だったから大丈夫というのは過信でしかありません人は必ず衰えてきますそのスピードも速まってきます万が一の時にあなたやご家族が、後悔しなければいいですけどねあなたの認識不足の点もあるようです。「免許証自主返納」には地方で暮らす老人の切実な問題があることを日本中の人は認識しています。その上で、高齢者の自主返納を促しているのは、生活圏に人口が多く、そして代わる公共交通機関があるなどの環境下の方からまず返納しましょうよということです。つまり、田舎で私の地域も例えば農業に携わり軽トラックを運転しているような高齢者は、おそらく死ぬまでアクセルとブレーキを踏み間違えることなどないでしょうから、件の声に注意喚起くらいに受け取りはしても惑わされることはありませんよ。それこそ自身の加齢を認識できずに流行りの車に「操られている」都会の高齢者に比べ、おじいちゃんは目を瞑っても運転できる程だと思いますよ。ただ、健康面で本人が気付いていない「問題」が存在する場合も指摘されていますので、こればかりは車両と同じく「定期点検」が必要まわりの家族も注視でしょうね。都会から来た免許返納推進講師?そんなやつらいるんですね。ガツンと言ってやるしかないんじゃないですか?もしくは周囲にも呼び掛けて、出席しないとか。ただ、「返納している高齢者がいる」という事実は身近に感じれたのではないでしょうか。個人的にもアナタの主張は大変理解できますが、「過去の経歴」ではなく「現在の運転能力」を客観的に見て返納するかどうかは判断すべきです。過去に事故を起こしたことが無い人だろうが、老化はするし痴呆にだってなります。本人には気づきにくいから、周囲の人がまずは注意してみましょうっていうことでしょ?現在危ない兆候が無いのに免許を取り上げる行為に反対なら理解できますが、危ない運転をしているのでそろそろやめさせた方がいいという状況でも、あなたは運転させるのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です