高家シリーズ 武田信玄の子孫で江戸時代に旗本や大名に取り。高家?武田家「清和源氏義光流。武田信玄の子孫で江戸時代に旗本や大名に取り立てられた者はいますか 伊達政宗の子孫たちは栄えた。その後の伊達宗家は仙台藩主として。また庶家たちも「伊達一門」として仙台藩
を支えるなど。江戸時代を通じて活躍していました。しかし。政宗そのため。
伊達一門は御家取り潰しどころか。旗本や仙台藩以外の大名としても取り立て
られました。 さらに。これらの活動は実を結び。伊達氏の基盤をさらに盤石な
ものにしたという評価がなされています。また。政宗伊達晴宗」父と争い。
新しい領国統治を行った革命家戦国クイズバナー 注目の武将特集 織田信長
武田信玄江戸時代における武田遺臣。江戸時代における武田遺臣 『山梨郷土史研究入門』山梨郷土研究会編 山梨日日
新聞社 一部加筆 天正一〇年召抱えられたことはいわゆる「壬午起請文」
によって知られるが。起請文に見えないもので家康に属したもの江戸幕府が
成立すると。彼らは。幕府の旗本?御家人に組み込まれてゆくものもあるし。
近世大名の家臣となって行ったものもある。を武将としてとりたてる際。旧
土屋衆?一条衆?原隼人衆?山県衆などの武田遺臣を付け与えたことによる。

高家シリーズ。以下略とあり。『江戸幕府旗本人名事典』の解説によると。その職務は。
徳川実記」に高家の職名が登場するのは2代将軍秀忠時代の元和8年の
大沢基宥?元和9年の吉良義弥で。高家ちなみに普通は従四位下に叙
されてから侍従に任ぜられるもので。一般の中小大名や役職に在職中の旗本が従
五位下諸大名で斉藤道三によって没落させられた頼芸なりの子孫ですが。
宝永年素行不良のため絶家となりました。⑦武田家甲斐守護。武田
信玄次男の子孫江戸時代にも活躍していた。この時。幸俊は所領の安堵を条件に家康への臣従を決断。他の武田遺臣たち
と共に「信玄直参衆」として旗本に取り立てられます。 その後。慶長二年に
亡くなり。家督は

長篠の戦いからみる。対決を避け続けた武田信玄と織田信長は。結局一度も直接戦うことはなく。決着
がついたのは信玄の死後「長篠の戦い」でした。信玄の治水対策は「信玄堤」
と呼ばれ。後の江戸時代にも特に流れが激しい河川の整備に応用されています。
このように。信長は興味があるものや知識を手に入れるためなら。人種や文化
。宗教の違いなど関係なく接して。利用担ぎ上げられ将軍に就いた義昭は。
信長が自分をないがしろにしていることに不満を抱き。信玄を始めとする有力
大名に旗本と御家人の違い。旗本の仕事 「旗本」とは。将軍直属の家臣団の事。 一万石未満の武士一万石
以上は大名で。江戸に定住していた。忠相は。三河国西大平現在の岡崎市一
万石を領し。大名となったが。江戸時代を通じ。町奉行から大名に取り立てられ
たのは。この大岡忠相だけである。まず譜代は。初代家康から四代家綱までの
時代に。将軍家に与力や同心として仕えた者の子孫を指す。最下位は「白衣役
」で。小袖や半纏姿で仕事をした掃除の者や駕籠の者といった雑用役の事をいっ
た。

刀剣ワールド土屋家伝来の日本刀。江戸時代において。常陸土浦 ひたちつちうら。現在の茨城県土浦市 藩を代
にわたって治めていた「土屋家」。そんな中。「武田信玄」たけだしんげん
の傳役もりやく。教育係を務めていた「金丸虎義」かねまるとらよし
の男?惣このときに惣蔵は。信玄により「土屋昌恒」つちやまさつねと
名乗ることを命じられています。が。新たに旗本はたもと。将軍家直属の
家臣の中で。石高万石及び御目見え以上の格式がある者に取り立てられました

高家?武田家「清和源氏義光流。甲斐の戦国大名武田信玄の次男海野信親の子孫である武田信興を初代とする。徳川綱吉に召し出される。500石。」盲目なので跡継ぎからはずされ、海野氏の養子娘婿になった信親は、出家した号は竜芳、といっても半俗半僧で、穴山梅雪の娘を娶って息子?信道を生んでいます。信道は甲斐の長延寺住職実了信玄の御伽集衆の一人の養子となり、出家して顕了道快と名乗ります彼も同じく半俗半僧で、妻子がいます。信親は武田滅亡時に信親は殺されたとも自殺したとも言われますが、子の信道は残党狩を逃れて生き延び、本能寺の後に徳川家康に拝謁し、長延寺の二代住職となります。ところが、武田遺臣である大久保長安の保護を受けていた信道は、長安の一族が公金横領の疑いで粛清された際、信道も連座して伊豆大島に流されます。信道の子、信正が赦免され江戸に戻り、その子信興が高家に列せられます将軍綱吉のときですから、かの吉良上野介の同僚、ということになますね、武田のほうがかなり格下ですけど。こうしてみると、やたら波乱万丈の家系ですが、間違いなく信玄の直系子孫がちゃんと江戸幕府の高家旗本として続いています。旗本高家に武田や今川もいたわねー。織田もいたんじゃない?、案外ブランド好きだったんじゃない?信玄の次女見性院が養子にして匿った家光の異母弟、保科正之がおります。武田の跡取りにするべく養子にしたから徳川には渡さないとして引き渡しの要求を突っぱねました。山形県米沢市にある上杉家の菩提寺春日山林泉寺の西南清みに、ひときわ大きな五輪塔が建っています。上杉謙信の宿敵、武田信玄の六男信清のお墓です。信清の母親は信玄の側室で、信清は5歳で出家し玄龍と号しましたが、後に還俗して安田三郎と称しました。父親の信玄は天正元年1573に病没し、異母兄の勝頼が跡を継ぎ、上杉謙信も5年後の天正六年に越後の春日山城で急逝し、養子の景勝と景虎北条氏康の子との間で激しい跡目争いが始まりました。いわゆる「御館おたての乱」です。この争いは景勝の勝利となり、これを機会に景勝は勝頼と和を結び、勝頼の妹である菊姫信玄の五女を正室として迎え入れ、上杉家では菊姫を甲州夫人と称し生涯厚遇しました。天正十年、勝頼は天目山で敗死し武田家は戦国大名としての地位を失いましたが、このとき信玄の血縁として生き残った者に、信清と六女の松、それに孫の信道次男信親の子たちがいました。信清は紀伊国高野山に逃れましたが、織田信長の詮索が厳しかったため、旅僧に姿を変えて越後に逃れ、義兄の景勝を頼りました。景勝は快く迎え入れて給地を与え、慶長三年1598の越後から会津移封の時には3300石の給地を与えています。上杉家の米沢減封後も1000石を与えられた上に、武田家累代の呼称である大膳大夫を許され、子孫も代々、優遇されました。信清は寛永十九年1642に没し、春日山林泉寺に埋葬されました。お墓は石造の五輪塔で高さが約2メートル30センチもあるそうです。「われの死後、天下で頼るべき者は、ひとり謙信あるのみ」と遺言した信玄も、まさか自分の子が上杉家に仕えるとは、夢想だにしなかったに違いありません。参考:歴史読本特別増刊「日本全国なぜなぜ百貨店」信玄の次男は盲目だったので僧侶となり生き残ったんでその子孫が旗本として武田家嫡流となっています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です