関東軍の歴史 関東軍って色々と戦争や事変などを起因してい。関東軍は下克上的で中堅幹部幕僚が司令官を焚きつけ暴走したとよく言われています。関東軍って色々と戦争や事変などを起因していたと思うのですが誰が指示を出していたのですか それとも関東軍が独断でやっていたのですか 近代戦争レポート集。しかし?そこへ清が??朝鮮は清の属国だ?と主張して日本の動きに対応したため?
日本と清との対立は深まっていった?日清戦争は。1894明治27年から
翌年にかけて。李氏朝鮮を巡って起こった日本と清との戦争です。を譲り受け
た事で植民地領有国となり,清国からの賠償金で金本位制と日露戦争のための
軍拡の実施などで産業革命を推進させました。当時の国家予算よりも多いの
だから。国がしっかりと管理しておけば税金を減らしたりとかいろいろできたと
思う。日中戦争。調べてもいろいろな話が飛び交っててどれが本当の理由か分かりません。
しかし。両国とも長期戦ができるほど経済的に余裕がなかったですし。ロシアは
は「日中戦争」って呼ばれてるけど。実は当時中国側も日本側も。「戦争」
という満州事変以降。日本との関係が悪化し始めていたアメリカやイギリス
などが

日本史。悠也 「満州では日露戦争後に。鉄道とか炭鉱の権益を日本が獲得して。関東軍を
おいていたよね。」 えり 「その通り。が始まりました。 えり 「日本の不況が
深刻化していたため。満州事変が起きる前から。国内では政党内閣への不満が
高まっていたんです。1933年2月。国際連盟の総会で。満州からの日本軍
の撤退などを勧告する決議案が42対1で可決。 唯一の反対票をしていきます
。 えり 「それにしても。『戦争を止めよう』って言う人はいなかったんですか?
」関東軍の歴史。面して日本の城の天守閣を連想させる建物が,旧関東軍司令部,現中国共産党
吉林省委員会のそれで 年ソ蒙軍の前に敗退していったことは前述した
とおりである。関東軍が関連した諸事件や戦争,たとえば張作霖爆殺事件,
満洲事変,ノモンハン事件,敗戦時の関東軍の戦闘や関東軍将兵のシベリア抑留
などを加えたらそれビールの杯を重ねていろいろ語り合う。し,日本の将兵
だけでなく,ソ連軍司令官だったジューコフですら,その回想録で蚊に悩まされ
た話

関東軍は下克上的で中堅幹部幕僚が司令官を焚きつけ暴走したとよく言われています。張作霖爆殺計画は河本大作満州事変は石原莞爾、板垣征四郎綏遠事件は武藤章ノモンハン事件は辻政信、といった幕僚たちが実質リードしていました。彼らは将官ではありません。司令官はロボットであり、むしろ率先して難局を打開していく姿勢が褒められるといった風潮があったのは事実です。軍中央には関東軍暴走を苦々しく思う者もいましたが、大陸進出自体が陸軍の主目的というか本分みたいなところがあり、やり方の問題であって、事を起こすこと自体には概ね賛成なわけだから結果として追従する形になったのです。関東軍が独断でやったというのが事実に近いと思われます。関東軍に命令を出すのは司令官だけど、司令官は参謀会議ででた意見を裁可するだけなので、実際には中堅や若手の参加する参謀会議で強く意見を主張した者の意見が通る。なので、実質的に関東軍を動かしていたのは、少佐?大佐クラスの人間であることも多かったようです。なお、関東軍の参謀連中が暴走しているときに、本国の参謀本部の参謀達は関東軍の参謀と喧嘩をし、非難しながらも、その動きを抑えきれなかったようです。関東軍内の参謀板垣征四郎?石原莞爾の起こした謀略が成功したの柳条溝事件による満州事変です。本来ならば、陸軍刑法により死刑間違いなしの違法行為でしたが、逆に「正当」とされて、満州国建国となり、両人とも金鵄勲章を授与されます。これにより、陸軍軍人、とりわけ陸大卒のエリートに、結果さえ良ければ、陸軍中央の意向?法に反しても問題はないとの意識を植え付けてしまします。関東軍は満州事変以後、最大兵力を持った外征軍として、ソ連及び中国と接するようになり、とりわけ中国「侵攻」の拠点となり、陸軍の意向もその方向となりました。ここではより過激な積極論が主流となりました。従って、中央では慎重論を持っていても、関東軍に赴任した参謀は、何らかの成果を挙げようと、積極論に荷担することになります。これは官僚はその位置により考えが変わるとの傾向によります。石原が、中央の意向に反して関東軍の後輩参謀が起こした独断行為を止めるため、出張した時、後輩の参謀は、あなた石原のまね満州事変をしただけで、成果を上げれば問題ないでしょう、と反論されて、声を出すことが出来ませんでした。以上、石原行為とそれに対する中央の措置により、下克上状態を作り出し、この拠点が関東軍となったのです。従って、誰か特定の者の指示があったというよりも、関東軍に赴任する参謀クラスが、その時々の応じて、中央の意向と関係なく、色々な謀略を計画?実行したのです。誰が指示を出していたのか? と問うなら石原莞爾でしょう。石原莞爾>陸軍軍人。関東軍参謀として満州事変と満州国建設を指揮したことで知られる。 1909年陸軍士官学校,18年陸軍大学校卒業。ドイツ駐在。陸軍大学校教官などを歴任後,28年中佐,関東軍参謀。その後,ジュネーブ軍縮会議随員,参謀本部作戦課長などを経て,日中戦争勃発時 1937 の参謀本部作戦部長,次いで関東軍参謀副長。対ソ戦準備のため,戦線拡大に反対した。 39年東亜同盟発足に伴いその指導者となる。 41年東条英機陸相に批判的であったため,現役を追われ,中将で予備役。 41~42年立命館大学教授。主著『世界最終戦論』 40 。コトバンク、「石原莞爾」より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です