野村克也氏 ノムさんがプロ野球の監督で外野手出身に名監督。キャッチャーって、自分のチームの投手、すべての特徴をつかんでないとリードできないですよね。ノムさんがプロ野球の監督で外野手出身に名監督はいないと発言してました 実際ヘッドコーチ等に外野手出身あまりいなくないですか キャッチャー出身って多くないですか 何故ですか 独占ボヤキまくり60分。年のプロ野球の歴史の中で。外野手出身の名監督は一人もいないんですよ。外
野手出身の監督が日本一になった例は長い間なかった。年に。ヤクルトの
若松勉がようやく日本シリーズを制覇し。年の秋山幸二日ハム。日本プロ野球の監督年俸の歴代ランキングをまとめてみました!目の二軍
は高卒年目では歴代位とかのレベル 名無しさん@恐縮です年
シーズンのキャプテンに西川遥輝外野手が 日本球界初ホールドを達成
というのも。 日ハムの生え抜きもしくは。 出身選手が人中人しかいない
という点。

ノムさん。野村氏は「外野手出身の監督で。日本一を達成した人はほとんどいない」と主張
。捕手や内野手とった今季のプロ野球球団の監督を見渡すと。半数の球団
セ球団。パ球団が外野手出身の監督だ。ここまで。セは外二宮清純「野村克也“外野手出身に名監督なし”を検証する」二宮。「外野手出身に名監督はいない」 これはヤクルトを3度日本一に導いた野村克也
さんの持論です。「外野手は試合の当事者になりにくい。1球1球プレーを考え
。スキを見て相手の嫌がることをする発想に乏しい」というのが理由だそうスポーツ異聞ノムさんの持論「外野手出身に名監督なし」は。プロ野球界において「外野手出身に名監督なし」ということが。まことしやかに
伝えられている。南海。ヤクルト監督として5度リーグ優勝。3度日本一に輝い
たノムさんこと野村克也氏82の持論だが。他にも。同じ

ノムさん三大持論「外野手出身の名監督はいない」「捕手は高卒。ノムさん三大持論「外野手出身の名監督はいない」「捕手は高卒じゃないとだめ
」なんでプロ野球の外国人ってキャッチャーとショートおらんの? 五十嵐権ノムさんの持論「外野手出身に名監督なし」は本当か。/枚 スポーツ異聞 プロ野球界において「外野手出身に名監督なし」という
ことが。まことしやかに伝えられている。南海。ヤクルト監督として5度リーグ
優勝。3度日本一に輝いたノムさんこと野村克也氏82の野村克也氏。野村克也氏。名言の数々「外野手出身の名監督はいない」ほかポスト
セブン 多くの野球人から尊敬されたこの年は。巨人で高橋由伸監督。阪神で
金本知憲監督が誕生したが。「プロ野球は監督の人材難だよ。

キャッチャーって、自分のチームの投手、すべての特徴をつかんでないとリードできないですよね。また、対戦打者の、弱点を頭に入れてないと配球も考えられない。1塁の選手は盗塁するか?なども考えてる。一番ゲーム全体のことを考えなきゃいけないポジション。だからだと思います。外野手だと、守備と打つこととかしか考えることないでしょうしね。少なくともキャッチャーよりは確実に考えることは少ない。そういう理由だと思います。キャッチャーが一番試合中に考える事することが多いですね。また試合前にすることも多いです。相手打者一人一人の最近のデータを頭に叩き込んで対策を立てる。また自チームの投手の調子を考えたりコミニュケーションを取ったり。トータル的に試合全体を把握してるのはポジション別で言えば捕手ですね。ただそれが監督として活かせれば優勝に導くことができるし、その可能性が一番高いのが捕手ということでしょう。野手は試合前にすることは相手の先発投手一人についてのデータを頭に入れることぐらい。あとはバッティング練習をするだけ。捕手に打撃がいい選手が少ないのは他の野手に比べてすることが多くバッティング練習に時間を割くことが出来ないため。色々と書きましたがここで素人が言う事と長年プロ野球界にいるノムさんが言う事、どちらが説得力があると思いますか?古いとか自分が捕手だったからそう言いたいだけとかっていう素人意見に説得力を感じますか?そう考えれば自ずと答えは見えてくると思いますね。気のせいです。野村氏の言っていることも間違いではないのだろうが少し古い。彼の時代は捕手が一番頭を使い、投手内野手とも関係が深いポジションであり、外野手などはただ来た球を捕るだけだったのだろう。しかし、近年の優勝監督を見てみると緒方、真中、栗山、秋山と外野出身者が多い。反対に捕手出身はセでは97年の野村、パは09年の梨田が最後となっている。出身ポジションでどうこうなる時代ではなくなったのだろう。次の通り外野手出身で結果を残した監督は野村発言以降で、以前では見当たりません。これは野球の質が変わってきたことが理由と思われます。三原内野水原内野 川上内野与那嶺内野西本内野上田捕手ルーツ内野古葉内野長島内野広岡内野大沢内野森内野吉田内野藤田投手仰木内野王内野権藤投手梨田捕手星野投手以後若松外野岡田内野落合内野原内野東尾投手ヒルマン外野秋山外野渡辺投手工藤投手栗山外野真中外野緒方外野辻内野それはノム爺が「捕手偉い」と言いたいがために勝手に言ってるだけのことです。確かに捕手は野手でもありますから攻撃面も知っていますし、受けているので投手のことも知っていますから、チームの頭脳として指導者に向いている人は多いでしょう。が、例えばこの数年の優勝監督を見ても、ソフトバンク秋山、日本ハム栗山、ヤクルト真中、広島緒方は外野手出身ですし、逆に捕手出身でも名監督と言えない人もいます。ですから外野手出身はダメとか捕手出身がいいとか型にはめて言えるようなことではなく、あくまでも個人の資質の問題ですよ。まず、外野手出身で日本一になった若松勉、秋山幸二、栗山英樹など、ちゃんと結果を出した監督はいますノムさん的には「名監督」ではないんでしょうけど。ノムさんの自説はこうです。投手は打者を打ち取るために、その日の調子や自分の感覚、過去の経験なども交えて投球内容を考える。捕手はさらに複雑で、味方の守備体形、各打者の傾向?ベンチの策略なども考えて配球を組み立てる。ベンチからサインが出ることもあり、覚える事柄はポジション別で最多。内野手も、走者の数やアウトカウント、点差によってやることが目まぐるしく変わり、場合によってはバッテリーのサインも覚えて打球方向も予測しなければならず、また投手?捕手からの牽制球サインも出るため一時も気が抜けない。彼らに比べて外野手は、走者二塁で同点?1点差なら前進守備、それ以外なら中間守備…くらいしかやることがなく、それもだいたいベンチや捕手から指示が出るので、要するにプレイ中に「アタマを使ってない」ポジションだ、ということです。現役時代、アタマを使わないポジションにいた人は監督には向いてない、というのがノムさんの持論であり、ことあるごとに繰り返してます。最初に言い出したのは、WBC日本代表の監督に山本浩二が就任した時だったかと記憶してます自分がそうだったように、「グラウンド上の監督」といわれる捕手出身こそが監督に向いてる、何で自分に話を持ってこないでコージなんかにやらせるんや…ってことでしょうが、まぁうなずける部分もあるものの、ちょっと暴論かなと思います。先述したように、元外野手でチームを優勝に導いた監督は何人もいるし、捕手出身の監督が全員すばらしい采配を披露したわけでもありません。なにも、監督をやる人がみんな現役時代のプレイ経験だけを判断材料にチームを動かしてるわけじゃないでしょう。若松?秋山?真中?緒方、みんな二軍監督やヘッドコーチなどベンチワークを学び、指導者経験を積んで監督になっています。指導者になってから、どれだけ選手たちと向き合い、「チームを強化する方法」を模索したか、そういう側面の方が重要でしょう。かつての西武?森監督とノムさんの影響で捕手出身=名監督、というイメージは今でも根強いし、捕手ほど常に頭をフル回転させてるポジションは他にないのも事実ですが、それだけで「捕手は監督に向いてるが、外野手は向いてない」と決めつけるのはどうかと思います。キャッチャーはプレイ以前に自ピッチャーの調子、打者の傾向、ランナーとの駆け引き、相手ベンチ作戦に対する準備。場面場面でありとあらゆる気配りをしなければなりません。もっと言えば自ベンチともある意味勝負しています。仮に外角が苦手とされる打者との勝負においても、そこだけ投げて打てないプロの打者はいません。「あいつのサインで打たれたんなら仕方ない」というくらいの選手にならなければいけないということです。現役からそれだけの野球観、感性を磨いた方であれば、監督コーチとしても素晴らしい力を発揮できるという野村さんの考え方でしょう。プレイの調子に波はあっても、野球の勉強は糧になりますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です