違って当たり前 子供の教育に関して妻と意見が食い違ってい。同じ44歳として回答させていただきます。子供の教育に関して妻と意見が食い違っています

口で言っても聞かないのなら、叩くも教育の内だと思います

妻は叩くと虐待になるからと言って、私が叩くのを止めます 子供は2人居て、上の子9歳、下の子7歳半の子供が、最近親の言う事を聞かなくなり、口ごたえばかりするようになりました
ゲームばかりやっていて、その影響もあると思っています

妻はゲームばかりやっていることについて子供には何も言いません

反抗期にもなって来ている様で、口で言っても分からないから叩くことも教育だと思います
これ位の子供は動物みたいなもので、本能のままに行動します

叩いた事で言う事を聞くようになるのなら、その方が教育になると思っています
もちろん手加減します 愛情もあり教育として叩いております
最近の日本の育児、教育もそうですが、おかしい

叩くのは駄目だという割には妻は、ゲームばかりしている子供を「ゲームやらせとけば静かじゃん」と放置しています

昔は親や教師に叩かれて育ちました 今は叩くと暴力やら虐待やら言われますが如何なものかと思っています

私の考えは時代錯誤なのでしょうか ちなみに年齢は44歳です 夫が感じる7つの火種は。子どもの教育方針には。親の人生経験が知らず知らずのうちに反映されることが
あるようです。『』編集部は。子育て中の女性人と男性人。合計
人に「子育てや子どもの教育について。配偶者と意見が食い違ってもめた
経験」について聞きました。妻は子どもを自由に育てたがっているが。自分は
学歴が重要だと感じています」歳?その他また。母親と子どもの関係が
濃密すぎて。父親としてあまり口を出せないという声もありました。

夫と妻「子育ての考え」が合わない。夫婦間で子育てについて〝意見が合わない?のはよくあることです。子どもの
進路といった大きな問題以前に。小さなことだからこそイライラが増してしまう
「夫婦間の違い」みんな。どんなって思うけど言い争いも疲れるので「ふーん
」と聞き流していますが。腹の中では「ウンザリ」ですさん/歳/子ども歳
意外とよくあるのが。進路問題のように大きなことではないが普段の生活の
中で「夫が口出すこと」「妻が勝手に決めてやっていること」が目分かり合えない夫婦『子育ての方針』で意見の食い違い。子育て方針の食い違いは。お子様がいる家庭でしたら誰もが直面するシーンです
よね。これは夫?妻関係相手がいることなので。今回は『解決出来ない』を
前提として。お話致します。分かり合えない夫婦『子育ての方針』で意見の
食い違い子供が産まれた時。指の数を数え『健康ならばそれだけで良い』と
思ったはずですよね。夫は子育てしていないのに。時々口を出して来るから腹
が立つ。私が伝えたかったことは。誰かのせいにしない教育です。

祖父母の口出しがストレス。まず。祖父母と親との間で子育てについて意見の食い違いがあると答えたパパと
ママたちの声をご紹介します。 「習い事スクールに通わせる』と義父母に言
われて驚いた」などと。教育方針を巡るトラブルについて多くの意見が集まり
ました。子どもをどう育てていきたいか。子ども自身がどうなりたいかという
のは。親としての最大の課題であり。もっとも悩むところですよね。違って当たり前。ですので。結論から申し上げますが。夫婦での子供の教育方針は違って当たり前
ですし。夫婦で教育方針が違うからお互いがまったく別の人をモデルとして
参考にしている訳ですから。教育方針で意見が食い違うのは当たり前でござい
ます。私の信じている教育方針に間違いはありませんが。だからと言って妻の
教育方針が間違っている訳でもしかし時と場合を得て怒ることは。ときに子供
にとって「良薬口に苦し」となるのです。運営者と当ブログについて

子どものしつけ方で夫婦の意見が食い違ったときの解決方法。子どものしつけについて。夫婦で意見が食い違ってしまうことはありませんか?
夫婦の間でもお子さんそのようなことが起こらないよう。教育方針の相違は
できる限り早めに解決することをおすすめします。 「パパはとセッション5:対立を解消する。結婚生活において相違点があるのは正常なことであり,意見の対立を解決する
ことを通じて関係が強められ,信仰と精神的な相違点を解決できるように,
問題について話し合う際のルールを理解する。聡 そう 明 めい な夫婦なら必ず
意見の食い違いは存在します。教育者であり著述家であるデボラ?タネンは,
西洋文明は他人を「敵対関係」という観点から見るように促す「議論の文化」で
その結果,法廷には,皮肉な考え,訴訟,対立の解決を求める人々があふれ
ています。

子供の教育に関して妻と意見が食い違っています。いずれかを含む。子供の教育に関して妻と意見が食い違っています 口原坂一郎の子育て相談早期の英語教育で食い違う意見。今。夫婦間で英語教育の考え方の違いでもめています。私は小学校高学年ぐらい
からで十分で。それまでは国語をしっかり学ぶのが大切だと思っています…
原坂一郎の子育て相談早期の英語教育で食い違う意見確かに子供は。
いったん興味を持つと上達が早いのですが。そこが難しいのです。産経新聞社
利用規約 プライバシーポリシー 知的財産権ポリシー 広告掲載 有償コンテンツ
利用規約 特定商取引法に基づく表示 お問い合わせ プッシュ通知について

同じ44歳として回答させていただきます。①まず、確かに昔と比べて叩くことは認められなくなりましたね。学校で、日常的にあったはずが、今ではほとんどないと思います。私、教員です②では、だれが本当にいけないことを身を持って教えるのかと言えば、もう、親しかいません。昔みたいに先生が絶対の存在でないのですから。その手段としての叩きも仕方ないと思います。③ただし、それは本当にいけないことをした子どもに対してだけです。例えば万引きとかです。家のなかでのある程度のことは、力に頼らずに解決したい。まして、まだ9歳ならなおさらです。力に訴えるのではなく、何がいけないのか、どうしたらよいのかを伝えましょう。また、心配なのが、あなたは愛情をもってと書いてありますが、そのことがお子さんに伝わってますか?伝わってなければ、ただの暴力ですよ。と思います。殴って言う事聞かせて、貴方より腕力で勝てると思うようになると、貴方はとうしますか?殴る時の理由にもよると思いますが、確かに今は虐待とかうるさいですが、私も学校でもビンタとかの時代でしたからねまず、ゲームと口応えの関連性を理論的に証明してください。叩く、とは具体的にどのようなものでしょうか。グーパンなら暴力ですが平手打ちはグレーゾーンです。物を投げる、胸倉をつかむのは立派な暴力です。将来ご自分がされてもいいやり方でしたらご自由にどうぞ。質問者さんは、口で言ってわからない場合は叩く事も教育のうち、奥さまは、何にも言わないしない、放置する、という方針なんですね。私は、というかうちの夫婦は口で言ってわからないなら、わかるまで説明し続ける、という方針です。周りに確かにいます。一度二度注意してもふざけて騒ぐ子供を叩く親、たまに見ます。人様の家のやり方にとやかく言いませんが虐待を疑うほどなら別ですがせめて、夫婦の方針は統一しておいた方が良いかと思います。一番良くないと思うのは、子供がなぜ叩かれたのかわからず、痛みだけが記憶に残る事だと思います。そうなると痛いのが怖いからしなくなるわけで、その時親は楽ですが、その子はあなたのいない学校などで弱い子を叩きます。大人になっても弱い立場の人を叩きます。私は親に殴られた事が一度あります。兄の財布から千円盗んだ時です。小学校低学年の頃です。今でも、泣きながら殴ってくる母のツラくて悲しそうな顔を忘れることありません。二度と、盗んだりしない、人に迷惑かけない、と子供ながらに大反省しました。それくらい大きなダメな事をした時のために、叩く躾は取っておいた方が良いかもしれません。頻繁に叩くと、慣れて効果が薄れます。話戻りますが、普段の教育、躾の時に叩くのって、正直そりゃラクだと思います。痛みでその瞬間は大人しくなるでしょうしね。だけど、もう7歳とか、、言葉で説明して教育にエネルギー使って必死で教える事が躾だと思います。怒る、叱る、わからせる、ってほんとに大変ですよね。わかります。でも、今とても大事な時期だと思います。叩くなんて安易な事してラクしないで、必死に言葉で向き合うべきだと思います。まぁ、私の考えなんで、結局はご夫婦の方針が叩くのアリになったんなら、他人はとやかく言いませんが。虐待をする人が考えることですね…あなたは親や教師から叩かれたことを「自分のためにやってくれている」「自分が悪いから叩いてくれている」「自分が悪いことをしたから叩かれている」と考えているから「子供を叩くことは虐待にはならない。むしろ子供を叩くのは子供にとって必要なことだ。」という考えが生まれるわけです。私のアドバイスとしては、カウンセラーの方や精神科医、心療内科医に相談するのがいいです。また、毒になる親や不幸にする親も読んでみてください。反抗期にもなって来ている様で、口で言っても分からないから叩くことも教育だと思います。これ位の子供は動物みたいなもので、本能のままに行動します。私からしてみれば、口で説得出来ずに叩く方が本能のままに行動していると思いますよ。叩いた事で言う事を聞くようになるのなら、その方が教育になると思っています。子供を力でコントロールしようとするのは虐待です。手を上げて言うことを聞くのは、貴方が言っていることが正しいからではなく、恐怖からです。何が悪くてどうしたらいいのか子供に伝わっておらず、自分で考えて反省する力が育ちません。貴方の暴力を避ける為の行動に繋がり、それを知って貴方がまた暴力をするだけです。叩くのは駄目だという割には妻は、ゲームばかりしている子供を「ゲームやらせとけば静かじゃん」と放置しています。たしかにゲームばかりして勉強をしないのであれば問題です。母親はゲームをする事を認めているのに、父親からは殴られるのでは子供が困惑します。殴る前にゲーム以外の方法を提示してはいかがでしょうか。昔は親や教師に叩かれて育ちました。今は叩くと暴力やら虐待やら言われますが如何なものかと思っています。叩く事ほど簡単なことはありません。親が簡単な事をしたら、子供も簡単な事しか学ばないです。脳にも影響を及ぼします。叩けばいいという問題ではありません。一生のトラウマを植え付ける覚悟はありますか。お子さんの将来のためにならないのでやめるべきでしょう。社会的な損失でもあるのでやめるべきでしょう。時代錯誤ですね。言葉で説明できない、納得させられないからって、暴力振るっても意味無いです。子供はそういう大人をバカにします。自分が子供の時はどうでしたか?暴力振るわれて納得しましたか?叩く教育って、難しいと思います。親が自分でガイドラインを作っておかないと。ゲームを止めない程度で叩く。というのはどの程度の痛みを与えるのでしょうか。ゲームをやっている子に、やめなさいよ、いい加減にしなさいよ、といいながら、ゴツンとげんこつですか?コツン程度ですか?ガーンとコブができるほどですか?叱るのって、叱る側も本気にならないと効き目はありませんよね。叩くか、叩かないか、ではなく、子どもが親を見ざるを得ないくらい、真剣に、子どもと向き合うことが大切なんだと思います。体に受けた痛みを理屈に変換するのは小さければ小さいほど難しいですけど、親が眼を充血させるほどの真剣さで説教すれば、言葉が頭に入るかもしれません。怒鳴るのではなく、子どもの将来を考えて、真剣に諭すのですね。私も二十代の娘が三人いて、もうみんな成人しましたが、反抗期のころなどは、本当に叱るのって、気力のいることだと実感しました。私は五十代なので、当時の教師はみんな叩きましたけど、あれがいいとは思いません。反抗するか、陰に隠れるか??になりますよね。バレなければよろしい、みたいな。要は叩くかどうかではなく、子どもに本当にわからせることが必要なのだろうと思います。その延長線上で手が出てしまったことがあったとしても、それはそれで子どもも納得するのかもしれませんけれど。久保田カヨ子さんも言ってましたが一度、口で注意して次にやったら叩くぞと予告し、それでもやったら叩くのはアリでは?ゲームやらせて静かで楽なのは親それは教育ではないと思います。罰での教育は、長期的にみてオススメできません。毒親になる親 などの本を読んでみることをオススメします。子育て大変かと思いますが、じっくり頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です