育児相談事例 教育について相談です 3ヶ月のこどもを持つ。私は3人子供がいますが、子供自身が生きやすいように、簡単なことで傷つかないように、人に流されないように、しっかりと自分を持っていられるように、と考えて子育てしてます。教育について相談です

3ヶ月のこどもを持つ母親です
先日、知人に自分が作ったものをバカにされました そのときはスルーしたのですが、悲しい気持ちになりました
まあ、それはそれ でいいんですが “息子もいつかは、
自分が作ったものをバカにされ、悲しい気持ちになる日が来る” と考えると想像しただけで涙がでます

そこで相談です
バカにされても、悲しい気持ちにならない、もしくは悲しくなってもすぐ元気になる子、他人のことはバカにしないような子に育てたいのですが、どうすればいいのでしょうか

保育園で、描いた絵をバカにされたら…
小学校で、提案したことをバカにされたら…
中学校で、服装をバカにされたら…

ちょっと想像しただけで、耐えられません
私はなんて声をかけるのがいいんでしょうか バイリンガル子育てに大切なこと。英語圏で暮らし。お母さんの母語が日本語の場合。子どもをバイリンガルに
育てることは「選択」ではなく「必修」です。人間形成の土台となる母語日本
語を育て。さらにアメリカの学校教育についていける英語力を身に付けさせ
なければ

京都市:子どもと母親の健康。区役所?支所子どもはぐくみ室で実施している事業等について 乳幼児健康診査
について 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い,令和年月日から
子ども生後3ヶ月の赤ちゃん。授乳の負担も少し減ってくるころです。首がしっかりしてきて。授乳間隔が整っ
てきます。このページでは生後ヶ月の赤ちゃんの発育発達。生活とお世話の
ポイント。親子のコミュニケーションなどについて小児科医師監修の詳しい情報
を1歳児のしつけはどこまで。歳になると人立ちができ。離乳食も完了期に入り。赤ちゃんから幼児になって
いく時期です。お子様ごとに成長スピードは違うとわかっていても。「成長が
遅いのでは?」と不安になるお母様も多いです。1歳児が

「もしかしたら“産後うつ”かも。今回は。教育臨床心理学を専門とし。これまで保育や子育てについてさまざまな
実践的研究を行ってこられた東洋大学ライフデザイン学部生活支援学科子ども
支援学専攻の中原美惠教授に。産後うつを引き起こす要因やその対処法について
お話第82回。ベネッセ教育総合研究所では。年に。国内全域の生後4ヶ月~11ヶ月の
赤ちゃんを持つ母親人を対象に。出産後4ヶ月間のサポートについての
振り返りアンケート調査「産前産後の生活とサポートについての調査」を
行い。育児相談事例。子すずめ子育て支援センターは。松戸市の子育て支援世帯を応援しています。子
育相談も。母子保健事業新生児?乳幼児?子育て関係。また。転入等で受診票をお持ちでない人には。健康福祉センター?森山保健
センター?真津山出張所?各支所?すくすく広場?こども支援課で交付します。
乳児健康相談 赤ちゃんが生まれてからお母さん?お父さんはとても

私は3人子供がいますが、子供自身が生きやすいように、簡単なことで傷つかないように、人に流されないように、しっかりと自分を持っていられるように、と考えて子育てしてます!要は、スルースキルです。例えば子供が他の子に傷つけられるような言葉をかけられた時、「あら、悲しかったね」「それは辛かったね」と共感はしますが、必要以上に騒がない。親がうろたえる姿を子供に見せない。相手を責めたり、家庭内でも相手の愚痴を言う姿を子供に見せないということです。基本は「そんなしょうもないこと言う子がいるんだね。放っておけばいいんだよ!気にしないで別の子と遊びな!」って感じです。子供は良くも悪くも母親に影響されますから、母がカラッとしていたら子供自身も「たいしたことないんだ!」「ほおっておけばいいんだ!」と考えてクヨクヨ悩まない子になります。上の子は小5ですが、低学年の時に荒れたクラスに入ったことがあり、すぐにカッとして手が出たり喧嘩になるお友達が多かったです。でも我が子は巻き込まれずに、自分は自分、とスルーできたようで大きなトラブルにならずに済みました。子供にこういう子になってほしい、と思えばまずは親がそういう人間になることです!普段私が心がけていることなので、つい熱く語ってしまいました笑親の発言や行動というのは、子供にものすごい影響を与えます。例えば、親が何気なく、猫なんて大っ嫌い!汚らしい!どこでも糞尿をする!と、ひとこといっただけで、猫をなんとも思っていなかった子供の心には、猫とは汚くて悪いものなんだという、概念ができあがります。他にも、例えば、子供に対して、あなたは弱虫ね!すぐに泣く子は悪い子よ!と、叱ったとします。すると子供は、本気で自分を弱虫でダメなやつなんだと信じ込んで、そのように行動するようになります。自分を初めから否定してしまうようになるのです。親の言動には魔力があります。これは絶大な力を持っていて、よく騒がれる幼児虐待にしても同じ。親による躾と称した虐待を、なんの疑いもなく受けては、ごめんなさい!私が悪いのです!と書いて死んでいく幼い子供がいることに、なんら不思議はありません。親の言動、とくに言葉には、ものすごい影響力があるのです。つまり、何が言いたいかというと、親が日頃から、見本を見せていればいいんです。子供の友達関係にしても困ったことがあったら、人はこうあるべきだとか、私はこう思うよなど、まずは人として、そして親として、意見や考えを常に話して聞かせていればいいんです。絵本を読み聞かせしていくのも、良い例です。絵本には、さまざまな人生が描かれています。主人公が動物であろうが、お化けであろうが、こんな状況のとき主人公はこうしたよ!こう考えているよ!と、さまざまな視点でさまざまな人生を語ってくれます。そこから親子で話し合ったり、子供の疑問に答えたり、親として何か話しておきたいことを聞かせてあげることもできます。子供は無力で、真っ白なキャンバスと一緒。どんな風に染まっていくかは、親次第、外の環境次第です。外の環境がどれだけ険しくても、親がしっかりブレずに指針だけを示してやれていれば、子供はおかしな筆を取ることもないでしょう。自分で修正していく力を養っていくでしょう。うちの娘も、引っ込み思案で大人しい子です。幼いときは色々トラブルもありました。でも、誰かに意地悪を言われたからって気にしてたらそれが本当になっちゃうよ!あなたは本当に友達に言われた通りのような子なの?違うでしょ!…と、魔法の言葉をかけたら、あ!そうか!と、ケロッとして、自分はこれでいいんだ!と納得していましたよ。意地悪な子に何を言われても、まずは黙って聞くだけにしてごらん!それをゆっくり家で思い出して考えてみてもいい。腹が立ったのなら、それは友達の言ったことが間違ってるということ。悲しくなったのなら、それも友達の言ったことが人を傷つける悪い事だということ。その後で何かを言い返したり反論するのは、悪いことではないんだよ。それはあなたの考えを話すことだから、とても大事なことだよ。喧嘩をするならすればいい。ただし、言われたら言われたままに全てをそうだと思い込んでしまうのは、人として一番間違ってるよ!あなたは本当はどう思ってるの?…と、これをざっと言い続けることで、うちの娘は、意地悪な子から言われっぱなし!やられっぱなし!ということが、なくなりました。質問主さんや、ご主人とか毎日のように関わる人が「人を馬鹿にしない」が一番に思います。うちにも子供達がいますが、「すぐ人の事をバカにする」子って大抵の場合、親もそうですよ~すぐよそのママの事バカにしたり、ご主人の事バカにしたり。子どものまえだけ取り繕おうとしても、そういういのってよくみてますしね3か月だったら、まだまだ無力で小さいので、この子が傷ついたら???と、とても怖くなる気持ち分かります。でも、成長していくうちに、子供は出来ることも増えて、どんどん強く?太くなっていきますし、逆にお友達を泣かせたり、色々あります。そうこうしているうちに、自然とママも「なんとか、なるか!」って思えてきますよ。今、無理にアレコレ考えて強くなる必要はありません。なんとかなります^^?もし、僭越ながらアドバイスするとしたら、「バカにされた」という断定的な表現は避けて、例えばお友達から「お前の絵、変なのー!」って言われて傷ついている場合は、まずは「ママも同じこと言われた事あるけど、とっても悲しかったな」と気持ちに寄り添ってあげる事が大事かなと思いますそれから幼児のイジワルというのは、悪意というより無知から来るものが多いので、「○○君が変なのって言ったのは、○○君はそういう事言うと、お友達が傷つくって知らなかったのかな」とか「『珍しいね』とか『他の子と違って面白いね』って言い方を知らなくて、悲しい言い方したのかな???」など、相手の気持ちをかみ砕いて想像する手助けをしてあげる事も大事かなと思います。メンタルが強い子って、「この社会学校、クラス、友人関係に自分は受け入れられている」という所属意識と、「自分には能力がある」という自信を持ってる子だと思います。「お友達をバカにしたらダメ!」だけじゃ、子供は「バカにするって、どういうこと??」ってなりますし、「じゃあ、何て言ったらよいの?」って分からないので、まずは性善説アナタは社会に受け入れられているに立って、相手の立場を想像する練習をする事で、「イジワルな事言って来た○○君も、何か事情があったのかな。=イジワルされるのは、僕のせいではない。落ち込む必要はない」など、気持ちの切り替えが上手になります。そのときになると、不思議なもので、お子さんにあった声かけができます。スルーするか、きちんと先生などを通して注意して貰うか、自分で言うかなど、いろいろ手段がありますよね。今の質問者様ご自身は、「スルーして、落ち込んで、でも作品は自分が満足すればいいかな」と思うのが対処法。ご自分でたくさん経験されて、親御さや周りにも助けられて身に付けられたんですよね。この対処法をそっくりそのままお子さんにアドバイスして正解かどうかが、これからの関わりでわかっていきます。例えば、お友達におもちゃを取られた時に「気にしない!こっちで遊ぼ!」と声掛すれば立ち直るお子さんなら、やはりバカにされたときも「スルーして気にしないよ。人は人。自分は自分。」とアドバイスするのが正解かも。でも、「終わったらまた貸してって言ってみる?」など、何らかの解決策を提案することで落ち着くお子さんなら、「そうか、じゃあ今度は○○って言ってみる?先生に相談しようか?」などが必要かもしれません。「あんなこと言われて嫌だったよね。あなたはそんなことしちゃいけないよ」と、付け加えて。そんなことを繰り返していくうちに、親子共々強くなって行きます。うちの子は小柄で一見おとなしいので、毎年、クラスメイトに上から目線で色々されて、年に何回か「学校行きたくない…」となります。その度に、こうやって少し手を貸して、先生の力も借りながら乗り越えてきました。今年は小4ですがついに、「ママに話を聞いてもらって、アイツの悪口をママにだけ言って、スッキリしたから、アイツのことは人生に大切ではないとスルーする。気持ちでは負けない!先生には言いたくなったら自分で言う!」と自ら言いました。そんな事で悩んでたら…って言ったら失礼ですか、この先いろんな事があると思います。自分は子供の頃に嫌な思いをした事は自分の子供にはさせない様に子育てをしてきましたよ。人を馬鹿にする人は可哀想な人だと教えてあげてください。実際心が貧しいく、自分に自信がないから人を見下すんだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です