理科Ⅰ地学と選択物理における 高校物理 万有引力の問題で。ID非公開さん地球と月について、半径をR,。高校物理 万有引力の問題です 地球と月の半径の比および質量の比は、それぞれ11:3、81:1であるとすると、地球表面において質量18kgの物体を月の表面にもっていくと、物体が月から受ける重力は何Nとなるか、ほれは地球上の何倍か ただし、地球および月の時点の影響は考えないものとする なんべく解説詳しくお願いします 高校物理。いずれかを含む。高校物理 万有引力の問題です 地球と月の半径の比および質高校物理「万有引力?地球の質量」練習編。は地上での重力加速度を地球の質量。半径。万有引力定数で表す問題
です。質量の物体には重力[]がはたらくことは皆さんご存知ですね。実は。
この 重力の正体は地球と物体の間にはたらく万有引力 なのです。問題の趣旨は。

万有引力。求める引力を 。惑星の質量を 。円軌道の半径惑星と太陽との距離を 。
角速度を ω 。回転周期を とします。ある物体が地球表面付近にあるとき。
その物体と地球との万有引力がその物体にはたらく重力であるわけですが。厳密
にの半径を。月の半径を=/ ^{}/ ]。月の質量を=/ ^{} ]。
万有引力定数 =/次の値を計算せよ。 $//$ 月の表面
における重力加速度 $/$ $//$ 月からの脱出速度 高校 物理 解答
の 図は月から地球を観ている様子です。問題 キャベンディッシュは
万有引力定数 を測定し。 これと地球の半径 及び重力加速度 の値から。地球
の密度を求め「理科Ⅰ地学」と「選択物理」における。重力と万有引力の関係。 *万有引力による位置エネルギー。 *人工衛星の第及び
第宇宙速度。 表を見てわかるように,ケプラー以前の惑星の運動のとらえ方に
ふれているのは一社のみ で,それもコペルニクスによる公転周期並びに公転半径

ID非公開さん地球と月について、半径をR, r、質量をM, m とすると、r/R=3/11m/M=1/81μ=18 [kg]地球表面での重力加速度の大きさg は、μg=GMμ/R^2 …①月面での重力加速度の大きさg' は、μg'=Gmμ/r^2 …②②÷① より、g'/g=m/r^2?R^2 /M=m/MR/r^2=1/8111/3^2=11^2 /81×3^2=1/6.02=0.1659… → 0.166 倍重力加速度の大きさが、月面では地球表面での 0.166 倍になるので、物の重さ重力の大きさは、すべて、月面では地球表面の 0.166倍になります。g'=0.1659g=1.626 [m/s^2]よって、質量 18 [kg] の物体の月面での重さは、μg'=18×1.626 =29.26… → 29.3 [N]となります。ちなみに、地球での重さは、μg=18×9.8 =176.4 → 176 [N]です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です