松坂慶子武士の娘 朝ドラまんぷくの鈴母 松坂慶子さんの私。なんで。朝ドラまんぷくの鈴母
松坂慶子さんの

私のご先祖様は
源義経です

発言以来、まんぷくが見れません
あまりにかっ飛んだ発言を
龍馬伝の脚本家はさせるんやな
と衝撃でした 関西だから義経のゆかりもないからな

僕はあそこは義経さんではなく
大阪ゆかりの明智光秀か
豊臣秀吉にして欲しかった

鈴母の株価急落でした

みんなは 松坂慶子「源義経はご先祖」戦法が炸裂。娘の夫?萬平は信頼できると語り始めた鈴ですが。話は脱線して「私は武士の娘
だから」といつもの決め台詞をメイ軍曹に伝えます。すると。続けて鈴は「源
義経はわたくし達のご先祖様です。アメリカ人のあなた方はご存じ

まんぷく。朝ドラ『まんぷく』では。ヒロイン福子の母親の今井鈴役で松坂慶子さんが登場
。 鈴は非常に須磨は旧鳥取藩主池田家に仕えた藩士の家系で。先祖はたびたび
参勤交代の際に主君のお供をして江戸に上ったとされています。 須磨はそんなまんぷく松坂慶子。まんぷく松坂慶子。三姉妹の母親役「陰湿にならないように」 —
連続テレビ小説『
まんぷく』ヒロイン?福子の母。今井鈴役のご先祖が武士の家系で。その教え
というものを。いつも心の支えにしています。また。脚本の福田先生が「“
朝ドラ”はマラソンだけれども。本本がメートルダッシュのように」と
おっしゃって朝ドラ「まんぷく」の松坂慶子。ヒロイン福子の母?鈴を演じる松坂慶子が前半を振り返り。あらためて鈴の魅力
を語った。役作りに関して。「台本を読んで。鈴さんの面白さはわかるんですが
。どういう風に演じていいのか最初はわからなくて???。演出の方

松坂慶子「武士の娘。と呼んでもらえた」 成田山不動尊の節分祭で豆まきをおこなっ
た安藤サクラと松坂慶子3日?成田山不動尊お客さんからもたくさん声を
かけてもらいましたが。豆まきの日に『福ちゃん!』と呼んでもらえてうれしく
思いました」と喜んだ。安藤サクラ。まんぷく母?松坂慶子と豪快に豆まき
「源義経は私のご先祖様よ」とタンカを切った鈴朝ドラに「親父を悪く書くな
よ」松坂慶子:朝ドラ母親像逸脱し“もう一人のヒロイン”に。が注目されているのが。「私は武士の娘です」が口癖で。視聴者から“ぶしむす”の
愛称で慕われている。福子の母?鈴松坂慶子さんだ。なぜ。鈴さんはここ
まで人気を集めたのか? そこには。朝ドラにおける母親像を逸脱

松坂慶子。それに周囲のスタッフさんや監修の先生方が。大河ドラマの登場人物に
ふさわしいように仕上げて下さっていますね。朝ドラ『まんぷく』の現場でも
やはり。随分育てていただいたなと思っているんですよ笑。いつもそう
なのですが。実は今回も鈴さんという役をどう演じたらいいのか。手も足も出
ないと思ったものです。を気遣う 福子の分も働くことになった鈴はストレスが
たまる一方 “源義経は私のご先祖様よ”という鈴に萬平は大笑い 腹を立てた鈴は家
出してしまう…朝ドラまんぷくの鈴母。

なんで? いいじゃないですか義経の子孫。記録上、直系子孫はいないはず、というのは豊臣秀吉も明智光秀も一緒ですけどね、義経は、流浪の時期が長かったんだから、記録にない子供がいた可能性は大きいですよ。義経の子は一人います。静御前に男の子が生まれてすぐ、鎌倉の海に放り込まれて殺されたんですよね。つまり、子供を作る能力は、ある。だったら、他にもいたんじゃないですか?義経は少なくとも一定期間、奥州で賓客扱いで暮らしていたんだから、そのあいだ一人身だったということはありえないし、子供だってできて不思議ではない、というか、いただろうと思うのが自然です。記録に残っていないからといって「いない」と断言することはできません。あとは、ロマンの範疇の話。とにかく「私は誰の子孫だ」という人がいたら、本人がそう言ってるんなら、とやかく言わずに信じましょう、というのが日本人の知恵です。本人がそれを心の支えにしているのなら、それを横からあれこれ詮索するのは野暮というものです。 日本においては、大昔から「先祖については言ったもん勝ち」という文化がありました。徳川家康は、自分が新田氏の子孫であるという、誰が見てもでっちあげの系図を作り、それを根拠に征夷大将軍になりました。が、誰一人「嘘だあ」と文句は言いませんでした。その徳川が治める江戸時代になると、幕府はすべての武士に「自分は誰の子孫か、書いて提出せよ」といいだします。誰かの子孫じゃなきゃダメです、そのかわり、嘘でも法螺でも言ったとおりに認めてあげますよ、という、実に日本的なハカライです。みんな好き勝手に源氏とか平氏とかを名乗りましたが、これはまあ巨人ファンとか阪神ファンとかいうのと同じくらい適当なもので、本人がそう言ってるのならそれでいいんです。ともかく、これで日本人のすべてが、天皇家を頂点をする系図の端々に繋がるわけですから、イザというとき日本人が団結する、なーんとなくの心理的根拠にもなったわけです。日本が植民地化されずに幕末維新を乗り切ったのは、この「言うのは自由」文化によるもの、かもしれません。だから、いいんです。本人が言ってるとおり信じるのが、日本人としてのマナーです。そのかわり、あなたも私も、勝手に誰の子孫を名乗っても、誰にも怒られません。そのほうが楽しいでしょ。流石に戦後までそんな事を言うご婦人がいたとは思えませんが、満平の日本人の第三夫人に関しては全くのフィクションなので、その辺は何も言いません、直ぐ美味しいので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です