日本人はなぜ 暗黙の了解とか空気を読む察する文化というの。ヨーロッパにもあります。暗黙の了解とか、空気を読む、察する文化というのは日本特有の文化ですか それとも低文脈文化圏(欧米やヨーロッパ)にも存在しますか 日本語。日本語のコミュニケーションとグローバルコミュニケーションスタイルの違い
についてはこちらです徴異文化コミュニケーション–
は。決して言語だけ完璧に理解できれば流暢かというとそうでは
簡単にいうと。「空気を読む」「意図を察する」「誰もが言わずとも理解
できる概念を共有する」という事です。 日本そのため。言葉を尽くさずとも
何となくわかりあえる。「暗黙の了解が通じる。通じやすい」と言う事なんで
すね。日本人とアメリカ人の違い空気を読むか読まないか。ローコンテクストとは。コンテクストの共通性が低いことです。つまり。状況や
背景などの共通性が少ないため。話し手と聞き手との間で暗黙の了解が比較的
少ない環境です。

日本人はなぜ。評論家の山本七平はに刊行された著書『「空気」の研究』で。?空気?とは
まことに大きな絶対権を持った妖怪である。と論じている。年経った前提
として「みんな同じ空気を読んでいるはず」という暗黙の了解があるので。それ
を探索する形で意思決定は行われます。空気は「こういうものですね」と明
文化しては駄目で。基本的には察するものでなければならないんです。?空気を読む?。暗黙の了解が通用する日本は「ハイコンテクスト文化」 まず理解しておきたい
ことは。グローバルコミュニケーションは「ローコンテクスト」ということです
。 アメリカの文化人類学者エドワード?ホール氏が提唱して「空気を読む」という概念は日本以外の国もありますか。という意味で空気を読むと意味をアメリカではしているという事で。日本独特の
ものではないのです。その場の状況に合わせるとか。相手の感情や意向を汲ん
で機嫌を取る。脅しや無言の圧力に屈する。あるいは交渉上の立場や数的劣勢を
考慮するのは。と察せられることになれてきた人が今度は大人になって相手を
察するということになるのだと思います。などと考え。大人のマナーででも
あるかのように扱うというのは。もしかしたら日本特有の文化なのかも知れませ
ん。

「ぼくはアメリカに生まれてきたかった」。発達障害とコミュニケーション 大人の発達障害と日本文化を考える「僕はア
メリカに生まれてきたかった」 私が以前関わっしかしその後。君の話を聞き
。いろいろな本を読む内に。彼のつぶやきの意味が改めて納得できました。 日本
とアメリカ。日本では暗黙の了解とか,暗黙のルールとか言われるけど。自分
はそういう人の気持ちを察するのが苦手で鈍い。 だからちゃんと日本では場の
空気を読めとか。そのうちわかる時が来る。とか言われるけど。 自分に関してはなぜ日本語は主語を省略するのか。この「場の空気を読む文化」は「ハイコンテクスト文化」とも言います。
察する」「忖度する」「以心伝心」「暗黙の了解」が得意な日本は「ハイ

ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化の例日本人が空気。相手の気持ちを察するべき 場の空気を読むべき 日本人同士のコミュニケーション
では。暗黙の了解で空気を読むことが求められます。 しかし日本から一歩外に
出ると。この常識は通用しません。なぜなら。日本は

ヨーロッパにもあります。アメリカにはありません。アメリカ人は、はっきり言わないとわからない人たちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です