日本と韓国 なぜ徴用工問題など日韓の問題が解決しないか 。いいえ違います。なぜ徴用工問題など日韓の問題が解決しないか わかりました 日本人と韓国人の仲が悪いwそれにつきませんか もっと文化交流を進めるべきではないでしょうか 「日韓の新たな火種か。真意をもう少し確かめる必要はありますが。「元徴用工の問題は解決済み」
としてきた韓国政府の従来の立場を覆した徴用された朝鮮半島出身者の数
については公式な記録が残されていないため正確にはわかりませんが。研究者の
調査措置が取られていることなどを理由に「解決済み」とされ。韓国政府も
裁判所もこの立場を踏襲してきました。トランプ政権としては。軍事的な
選択肢も含め。最大限の圧力を加える一方で。対話も排除しない姿勢を示すこと徴用工問題の深刻さ。当時の公文書や証言から。ときに威嚇や物理的な暴力を伴ったことがわかってい
ます。韓国政府が認定した元徴用工は約22万6千人います故人を含む。
戦後。日韓は1965

日本が勝訴しても。そして。慰安婦問題解決のための年の日韓合意は「両国政府間の正式な合意
」であり。それを土台としたうえ慰安婦問題だけではなく。徴用工問題
においても「望ましくない」と語り。「司法への不介入」を繰り返した巡回
訪問し。温泉旅行しながら健康状態などをケアしてきたフォローアップ事業は。
日韓合意を機に「目的がまた。日本政府が。日韓合意による一時金を受け取っ
た元慰安婦の名簿すら持っていないという事実じたいに衝撃を受けました。ルポ「断絶」の日韓。「徴用工賠償」や「慰安婦問題」――。 すでに確固たる「協定」や「合意」
によって解決済みなのに。 韓国政府や一部市民団体は約束を反故にする主張徴用工問題ひっそりと9日0時から「現金化命令発効可」に。日韓関係の最大の懸案事項「現金化問題」が日時分に新たな期限を迎えた
。ここがスタート。の韓国での「徴用工側勝訴」判決時の
様子写真ロイター/アフロ文化日報」の表現は少々堅いが。国内最大の
通信社「聯合ニュース」は日を迎える意味を少し分かりやすく表現した。
日本の官邸サイドは。年内にも韓国が開催が予定されていた日中韓首脳会談
について「この問題の解決なしには首相も参加もなし」としたと報じられた。

日本と韓国。日本が~年に朝鮮半島を占領した間の。強制労働などの残虐行為
に対するものとしている。日本は。外交関係の回復と億ドル以上の経済協力
を定めた年の日韓基本条約で。問題は解決されたと主張している。 しかし。
解決とはこの問題が再燃したのは。年に韓国の大法院最高裁が日本の
企業に対し。強制労働をさせた韓国人に賠償を命じたのがきっかけだった。
三菱重工に韓国最高裁が賠償命令 第次世界大戦中の韓国人元徴用工らになぜ徴用工問題など日韓の問題が解決しないか。いずれかを含む。なぜ徴用工問題など日韓の問題が解決しないか わかりました

いいえ違います。韓国は反日でないと国の歴史が成り立たないから、やめられません。それは北と同じです。国際法は、一方的に国内法に対する優越を唱えて国内法を否定して見せる法体系ではない。むしろ国際法規範と国内法規範は併存しうる、と考えるのが、普通の国際法的な考え方である。いわゆる二元論的な「等位理論」である。国際法と国内法は、常に完全に一元的に一致するわけではないが、それは単に両者が異なる法体系だからだ、と認めるのが、「等位理論」的な考え方である。国際法と国内法は、一致しないまま併存するがゆえに、調和を求める。しかし、時に逆に矛盾を抱え込み、義務の衝突をもたらすこともある。そこで必要になるのは「調整」である。「等位」理論は、必然的に「調整」理論のこととなる。現在、日本政府が韓国政府に求めているのは、この意味での「調整」であると言える。国際法を通じて韓国と接する日本政府は、したがって韓国行政府をただ責め立てるのではなく、その「調整」努力を支援し、促進していくべきである。つまり韓国の国内法廷で私企業に負わされた責任は、国際協定の趣旨からすれば韓国政府が対応すべきものであり、それにしたがって韓国政府が財政措置や立法措置をとることを期待しなければならない。大韓民国憲法は、その前文で、次のように宣言している。「悠久なる歴史と伝統に輝く我が大韓国民は、三?一運動によって建立された大韓民国臨時政府の法的伝統……を継承し……」「三?一運動」とは、韓国併合後の1919年に、日本の統治に反対して沸き起こった運動のことを指す。つまり、韓国の憲法それ自体が、日本による統治を否定して作られた「臨時政府」の正当性を認め、その「法的伝統」なるものを受け継いでいることを宣言しているのである。そう考えると、韓国大法院が「植民地支配と直結した不法行為」について語ること自体は、少なくとも国内憲法との関係で言えば、ありうることである。もちろん大韓民国憲法は、その第六条一項において、次のようにも定めている。「憲法に基づいて締結し、公布された条約および一般的に承認された国際法規は、国内法と同等の効力を有する」韓国政府は、自国の大法院の決定を理由にして、国際法二国間協定遵守の義務の免除を唱えることはできない。韓国大法院も、請求権協定それ自体を否定したわけではなかった。ただ今回、韓国大法院は、自ら「調整」を試みることはしなかった。むしろただ伝統的な協定解釈を否定し、国際法に対する憲法優位説をとるかのように、「三?一運動によって建立された大韓民国臨時政府の法的伝統」にそった立場を選択した。国際法を見ず、「調整」の必要性を認めない教条的な韓国大法院は、日韓の違いを見ず、一方的に憲法優越説を唱えただけだった。判決文の論理構成—————————————————-元徴用工らが求めているのは、未支給賃金や補償金ではなく、日本の不法な植民地支配や侵略と直結した日本企業の反人道的な強制動員に対する慰謝料だ。請求権協定の過程で日本政府は植民地支配の不法性を認めず、強制動員の法的賠償も否認している。そして、日韓請求権協定は、植民地支配の不法性にまったく言及していない。したがって不法な強制動員に対する慰謝料請求権は、「完全かつ最終的に解決」したとされる請求権協定には含まれていない。だから、日本企業は元徴用工に慰謝料を支払うべきである。—————————————————-↑元徴用工の慰謝料請求権というのは、すでに決着している日韓請求権協定の枠外の話であるから、認められるべきものであるという理屈今回の韓国?大法院最高裁判所は、韓国の併合は「違法」として判決を出しました。問題の観点は、そもそも韓国の併合1910年のことですは、国際法上「合法」かどうかという事ですが、結論としては、韓国の併合は、国際法上「合法」となる。1910年の時点で、併合を違法とする国際法は存在していない。韓国が、過去の、併合とか植民地で文句を言おうものなら、アメリカ、イギリス、フランスなど、先進諸国によって袋叩きにされるでしょう。みんな植民地を当然のこととして持っていましたからね。—————————韓国併合が「合法」なのか「違法」なのかについて、以下に示す「韓国併合再検討国際会議」の内容が参考になるでしょう。公正に選択しています。内容をよく読んでください。↓韓国併合再検討国際会議↑2001年の1月、4月、11月に開催された、韓国併合日韓併合の合法性?違法性を巡る議論を扱った一連の国際学術会議である。大韓民国韓国側の強いイニシアティブにより、韓国側の主張する違法論を国際的に認めさせようという政治的意図の下に主導?開催されたものであったが、違法であるとする国際的なコンセンサスは得られなかった。↑2001年11月にハーバード大学にて開催。第1回、第2回を引き継ぎ、締めくくりの役割を持つものとして開催。日韓米のほか、英独の学者も加え結論を出す総合学術会議だった。日本側からは5人が参加したが、海野福寿明治大学教授の「不当だが合法」論や笹川紀勝国際基督教大学教授の不法論など見解が分かれていた。韓国側は4人が参加し、「条約に国王の署名がない」ことなどを理由に不法論を主導している李泰鎭ソウル大学校教授を始め、全員が不法論で会議をリードしようとした。しかし日本の原田環広島女子大学教授は併合条約に先立ち、大日本帝国が大韓帝国を保護国にした日韓保護条約第二次日韓協約について高宗皇帝は条約に賛成しており、批判的だった大臣たちの意見を却下していた事実を紹介し、注目された。併合条約に国王の署名や批准がなかったことについても、国際法上必ずしも必要なものではないとする見解が英国の学者らから出された。アンソニー?キャティダービー大学教授は、そもそも当時、国際法といえるものが存在していたかどうかさえ疑わしいとし、特定の条約の合法、違法を判断するに足る法を発見するのは困難であると主張。国際法の権威ジェームズ?クロフォード、ケンブリッジ大学教授は、当時の国際慣行法からすると英米を始めとする列強に認められている以上、仮に手続きにどのように大きな瑕疵があろうとも「無効」ということはできないと指摘した。 ↓第3回韓国併合再検討国際会議「合法?違法」↓韓国併合「無効説」の誤謬、日本政策研究センター韓国の併合は「違法」ではありません。国際法上「合法」なのです。日本で嫌韓感情が高まったのは朴槿恵?前政権がいろんな嫌がらせをして来たからです。韓国人の2017日本旅行者数は、韓国民数の1/8で、中国からの観光客数を抜きそうな勢いです。反日韓国人の歴史認識は歪んでいるので、どうにもなりません。南北分断は日本のせいとか言っている連中もいます。文大統領は3.1節のお祝いを独立門で行っていました。歴史的に整合性がない行為で、イカレてます。韓国は民衆がデカい声で騒ぐと法も政府も負ける国です。職業的反日団体と反日韓国人の声はデカく、逆らうと政権が倒れると思います。なので政府が反日。もう充分進めたのでこれからは距離を置くべき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です