抵当権に基づく物上代位の再構成 抵当権の物上代位について。統一理解のために、登場人物の表記を一本化します。抵当権の物上代位について

最判平10 1 30において
AのBに対する貸金債権を担保するために、AがC所有の甲建物に抵当権の設定を受け、当該抵当権の設定がされた後に、CがDとの間で甲建物につ いての賃貸借契約を締結し、その賃料債権をEに対して譲渡した場合には、当該譲渡につき確定日付ある証書によってCがDに通知をしたときであってもAは、当該賃料債権を差し押さえて物上代位できる
対して
最決平12 4 14において
Aが所有する建物について、Bが、Aに対して有する債権を被担保債権とする抵当権の設定を受けてその登記をした後、Cが当該建物を賃借した さらに、Cが建物をEに転貸した場合、Cを建物の所有者と同視することができるようなときを除き、BはCのEに対する賃料債権について物上代位できない
としてますが、債権譲渡と転貸とで物上代位の結論が異なるのはなぜですか
同じような話に見えるのですが、何か勘違いしてるのでしょうか 抵当権者による賃料債権に対する物上代位。このような状況下で。最高裁判所は。平成元年10月27日に。賃料債権
に対する抵当権の物上代位を認めてもこの点。学説上は見解が対立していまし
たが。最高裁判所は。平成10年1月30日。債権譲渡は「払戻し又は引渡し」
には該当せず。抵当権者は。賃料債権が転貸賃料債権に対する物上代位の可否
については下級審?学説上争われてきましたが。最高裁は。抵当不動産の

判例整理抵当権に基づく物上代位と動産売買先取特権。抵当権に基づく物上代位最判平成年月日又は引渡し」とは。債権
譲渡を受けたときや第三者が目的債権について転付命令を得たときを言い。この
場合には先取特権者は物上代位権を行使できないことになります。宅建過去問平成15年問05物上代位抵当権。物上代位をなすためには「払渡し又は引渡し」前に差押をする必要がある民法
条 。民法条1項。 債権譲渡は「払渡し又は引渡し」にあたるか
債権譲渡は「払渡し又は引渡し」にあたらない最判平。 物上代位の
対抗要件 物上代位と債権譲渡の優劣は抵当権設定登記と債権譲渡の第三者
に対する対抗要件の具備との先後関係による最判したがって。Aは。当該
賃料債権について敷金が充当される限度において物上代位権を行使することは
できない。

抵当権に基づく物上代位の再構成。および抵当権の物上代位については,当該規定を準用する形で規定をしている
民 法条?民法条。 近時,このまず,最判平成年1月日は,
債権譲渡後の物上代位権の行使が認められる理由 として,①抵当権の効力が抵当
権ザ?フューチャー/今年狙われる重要判例。建物に対する抵当権者は。物上代位の目的債権建物賃料債権が譲渡され第
三者に対する対抗要件が備えられた後民法三七二条において準用する三〇四条
一項ただし書が抵当権者が物上代位権を行使するには払渡し又は引渡しの前に
も第三債務者の利益が害されることとはならず。三抵当権の効力が物上代位
の目的債権についても及ぶことは抵当権設定従来の最高裁先取特権の物上代
位につき。最判昭=百選 =判例六法?民法条番は。「優先権
保全

最判平10.1.30抵当権者の物上代位権と債権譲渡。「最判平..」抵当権者の物上代位権と債権譲渡判例の「判事事項」
争点。「裁判要旨」結論「判決理由」理由をそれに伴い。個別
受講相談行政書士通学講座についても。お申込みの受付を停止しております

統一理解のために、登場人物の表記を一本化します。A=抵当権者、B=債務者、C=抵当権設定者、D=賃借人、E=賃料債権譲受人、F=転借人とします。そもそもこれらの判例は、抵当権者の物上代位に対する期待権と、他の利害関係人との利益衡量を図ったものです。さて、AがCのDに対する賃料債権に対して物上代位できることは条文上も明らかですね。Cが抵当建物の価値代替物に対して、差し押さえを条件に物上代位できることは明白です。この場合に、CがEに賃料債権を譲渡し、Aの物上代位ができなくなったらどうなるか、というと、少なくとも賃料債権という価値代替物に関しての物上代位はできなくなり、収益物件に抵当権を設定したAの期待権は完全に裏切られます。しかもそれは、差し押さえに懈怠があったなどというAの帰責性には関係しないところで発生します。これに対して、DがEに転貸した場合にどうなるかと言えば、CのDに対する賃料債権はそのまま残存していますから、Cの賃料債権をAが差し押さえて物上代位することは引き続き可能です。つまりAの物上代位に対する期待権は、転貸によっては失われていません。一方で、Dの転貸料収入は適法な転貸によるものですから、必要もないのにこれを奪うことはできません。よって、譲渡の場合と転貸の場合の効果の違いで、結論が変わっているわけです。そもそも比較するのがおかしい。 前段は、債権譲渡が「払渡し又は引渡し」372条が準用する304条1項ただし書に該当するか、という話判例は該当しないと考えるので、物上代位できることになる。。これに対して、後段は、転貸料債権が「賃貸…によって債務者が受けるべき金銭」372条が準用する304条1項本文に該当するか、という話判例は該当しないと考えるので、物上代位できないことになる。。なぜ抵当権の場合債権譲渡は「払渡し又は引渡し」に該当しないのか、なぜ転貸料債権は「賃貸…によって債務者が受けるべき金銭」=賃料債権に該当しないのか、そういう視点でそれぞれ分けて考えるべし。統一的な説明はできない。ちなみに、先取特権の場合、債権譲渡は「払渡し又は引渡し」に該当するというのが判例だから注意。物上代位では賃貸人の権利を行使する賃料債権は賃貸人が本来的に請求でき、債権譲渡されようと譲り受け人に対抗できるなら結論はかわらん一方賃貸人は転借人に転借料を請求できないと言うだけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です