懲戒権が廃止 民法の懲戒権ですが懲戒とはこういうこと懲戒。懲戒権の内容は法律に定められているのですか。民法の懲戒権ですが、懲戒とはこういうこと(「懲戒のためには、しかる?なぐる?ひねる?しばる?押入れに入れる?蔵に入れる?禁食せしめるなど適宣の手段を用いてよいであろう(以下、省略) 」)を言うみたいですが、これって体罰や身体的虐待になるものばかりですか

https://www kodomosukoyaka net/research/chokai html
このサイトから引用しました
よければ見てみてください 体罰等の法的禁止と民法の懲戒権について。るためには。行為そのものである体罰等を明示的に禁止することが不可欠です。
平成28年⑩民法第820条の監護教育権により子どものしつけを行うことは
できる一方で。懲戒権により体罰等や虐 待を正当化こういう主張をされる
ケースもあるやに伺っておりまして。この規定が体罰を許容しているんじゃない
か。

子どもを虐待から守るため。政治がすべきこと 民法条の “親の懲戒権” が「体罰」を「しつけ」として
正当化させている虐待を予防するためには。家庭を含むすべての場面で。体罰
等を禁じることが重要だ。法律で禁じることその立法趣旨は何ですか」 江田
法相「懲戒こういう場合もありうると思います」 この議論から子への「懲戒」文言削除。法制審議会の民法親子法制部会は日。親権者に必要な範囲で子どもを戒めること
を認める民法の「懲戒権」について案を示した。しつけ名目の虐待を防ぐため「
懲戒」の文言は削除する。早ければ年月末までに民法懲戒権が廃止。なお。民法には懲戒の具体的方法については規定されていませんが。これが許容
されるのは。あくまでも「必要な範囲」においてのみです。 仮にしつけのためで
あっても。「必要な範囲」を越えた

法制審議会児童虐待防止関連親権制度部会。森田関係官 本日は,部会資料11としまして,「児童虐待防止のための親権に
な形で取りまとめていただくと,こういうことになっているわけであります。
とし,その懲戒の範囲について文言上,明確に限定を付すこととするものです。
そうしますと,民法の懲戒権規定が虐待問題への対応にとって障害だというの

懲戒権の内容は法律に定められているのですか。懲戒の意味ですと、教えさとす、注意する、叱る、こらしめる軽微な体罰も含むのでしょうね等と思いますが。一般の人の理解に懲戒権について説明頂くと良いですね。懲戒権は「子供の利益のために」と条件が付いていますので、暴力や虐待は含まれないと思います。暴力や虐待は傷害罪等の法律違反と思うのですが。法律で子供の監護及び教育をする権利と義務が有るので、懲戒権も有るのですが、子供の躾教育にはある程度の懲戒も必要なのでしょうね。親の知識や道徳等を教えるのは必要ですね。叱る、というのまで体罰だの虐待だのと扱われたら、今時の親は子供を叱れない、という風潮がのさばるだけの話です。その身体的体罰の下に、明治民法1898年制定にあった懲戒権の考え方を踏襲しているように思われます。当時は、愛着アタッチメントや子どもの発達に関する科学的理解が進んでいなかった時代です。と書いています。明治時代のもので子供の教育に暴力で支配していた時代の話しですね。現在の零和の時代のものではありません。しかし今の時代の様な、父親が自分の子供の小学生の女の子に性的暴力や、異常な虐待は今の時代の方が変態が多いのではないのでしょうか?社会常識に照らして、度の過ぎる行為が体罰なり虐待ということです。なんでもかんでもすぐに体罰や虐待にリンク付けすることは考え物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です