弓道部です 弓道部です 自分は今まで出た大会でほとんど初。立ちに入る前に肩を十分ほぐしていますか。弓道部です 自分は今まで出た大会でほとんど初矢を外してしまいます 取り矢が苦手なのかとも思いましたが3射目はよく中あたるので取り矢が苦手というわけでもありません どうすれば初矢があたるようになりま すか 全日本弓道選手権大会で初優勝。年月に開催された天皇盃第回全日本男子弓道選手権大会で。信州大学
卒業生の平澤敏弘さんが初優勝し。長野県に過去度全日本選手権大会に出場
しているが。度とも予選で敗れ。決勝戦へと歩みを進めたのは今大会が初めて
だった。今回も予選を終えた時点では「本中本は外してしまったし。これ
まで出場した大会と異なる特別な手応えがあっもありました。本を的に中て
れば良いだけなんですが。的に『中てたい』という気持ちが全面に出てしまうと
失敗する

「逆転の発想」が勝利の鍵。早稲田大学弓道部 スポーツ科学部年 岩本 真実さん 第回全日本学生弓道
選手権大会インカレで。個人戦優勝を決めるステージに。最後まで残ったの
は人。最初に弓を引い決まった。「実は。団体戦は予選で負けてし まって。
すごく悔しい思いをして…私は試合前に。自分は絶対に外す! って思うよう
にしています。良いイメージではなく最悪のケースを考えておくことで。いざ的
の前に立った時に落ち着いて矢を射ることができるんです」。岩本 さんの弓道部。競射回目は。両校とも前の二人が外して人目の選手?落おちの勝負になり
ましたが。結局八潮が外して。-で勝負が中学生の皆さん。来春。八潮高校
弓道部の一員として。上部大会出場の高い目標を掲げ。充実した高校生活を送っ
てみ生徒もいました。年生は初めての遠的大会でしたが。来年はこの経験を
踏まえて。しっかり準備をして試合に臨んで顧問としては。年生ながら一発
で初段に認められた生徒が出たことはまず喜ばしいことですし。級から受審して
初段

弓道部:。ここは自分の道場なのでそれくらい出て当たり前なので武道館などのよその道場
へ行っていざそれができるかは当たっていてもギリギリだったり。ギリギリ
当たらなかった矢が多いので。そこは。今までの練習や練習試合年年と出場
はしているのですが。いつも予選でいい結果が出せていなかったので。今回こそ
はいい結果を出今までの練習試合では本目が全然当たらなかったのですが。
今回の大会は本目を詰めることができたので良かったと思います。弓道。ほとんどが高校に入学してから弓道を始めるので。スタートラインは同じです。
まだ成しえていない「全国大会優勝」を。この部で目指してみませんか?
ちなみに過去最高は。昭和

弓道部。今回の大会に向けて。「1年生1中。2年生2中以上」を目標に練習に取り組ん
できましたが。ほとんどの選手が目標初めての舞台で弓を引いた1年生。後輩
を牽引しなくてはという2年生。結果は出なかったが。緊張して手足が震えた
こと。緊張しながらも自分の射ができたこと。予選を突破して弓道部HPの
更新をはじめ。これまでの弓道部を長い間支えていただいた先生です。考 察。
今大会は公式戦ではなく。一般の参加者も出場される大会であった。弓道部です。弓道部。部紹介 ほぼ全員が高校で初めて弓を手にします。厳しい練習を通して。外見
だけでなく中身も成長していきます。年生の引退までに。一人前の坂西弓道部員
を目指します。今まで以上の自分を引き出してください。大会の結果
については。多くのチームと個人が入賞できたことは素晴らしいですが。的中
に関しては決して十分な結果ではありません。埼玉県から示された部活動再開
のガイドラインに沿って。行射時以外のマスク着用や手指の消毒。必要最小限の
声出し等。

立ちに入る前に肩を十分ほぐしていますか?弓を引く時に弓を引き分けてくるときに使う背中や肩回りの筋肉は、普段の生活ではあまり使わない箇所なので割と硬くなっています。試しに練習の前に入念に肩を回して引いてみてください。恐らく引分けがすごく楽に感じるのではないかと思います。そういう時の会はしっかり体に収まり、思ったところに矢が行くと思います。私の知っている選手権にも国体にもよく出場する全国的に有名な人も、始終肩を回してしていて、立ちに入る前もあとも左右の肩をよくほぐしています。あとはプレッシャーに弱いなどの精神的な理由も考えられますが、これは回数をこなすことで慣れが解決してくれます。そのほかには「思い込み」があります。自分は初矢が弱いと思い込むことで手先に力が入って狙い通りに矢が飛ばないのです。会に入ったら的心から気をそらさずに、攻めながら伸合いつつも離れを待つような気持の余裕が持てれば良いと思います。可能ならば部活で立の練習を多くしてもらったり練習試合を組んでもらったりして、いろいろ試しながら克服できると良いと思います。大会会場では事前の巻藁練習が十分出来ないことが多いです。ふだんの練習でも日によっては事前の巻藁練習を少なくして、立ち稽古に入る日を作ってみましょう。短いウォーミングアップで本領発揮できるように慣れるのも有効です。部で練習メニューが決まっていると試せないですが。初矢への精神的な準備の仕方が良くないのだと思います。的中率の低さから過剰に意識するのか、リラックスの勘違いで油断生まれるのかも知れません。ボウリングの一投目プロゴルファーの第1打、ピッチャーの初球と同じくプレッシャーの掛かる初矢をどのように引くかのイメージトレーニングを普段の稽古で重ねるしかありません。言うまでもありませんが、審査や大きな大会では一手で合否や予選を決しますから、控えでの精神統一や澄ましを身に付けないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です