弁護士が回答賃貸 賃貸契約の保証人を辞退する方法は無いで。一度なった連帯保証人を降りることはなかなか難しいです。賃貸契約の保証人を辞退する方法は無いでしょうか

閲覧ありがとうございます
親族間で関係が拗れており相談を受けたのですが、私の知恵が足らず困り果てております お詳しい方にお力添 え頂きたく思い、投稿させて頂きました
どうぞ宜しくお願い申し上げます

表題は私の母と、叔母(母の姉)の件です
5年程前に私や母の住む街へ離婚した叔母が引っ越してきた際、母は叔母のアパートの保証人を依頼されました
当時は仲が良かったので快諾し、しばらくは何事もなく過ごしていました ですが、叔母に交際相手が出来てからお金の使い方が日に日に荒くなり、あちこちで情に訴えたり脅迫まがいなことを言ってお金をせびるようになりました
その後別件で母と衝突し、叔母は母との縁を一方的に絶ってしまい、以降今日まで1年半ほど絶縁状態が続いています

ところが先日、叔母から叔母の息子を通じて母に『賃貸契約の更新が近いから印鑑証明を出せ』と連絡が来ました
衝突した別件もお金絡みであり、言い掛かりや屁理屈で20万ほど払わされ、母はもう保証人を降りたいと話しています
そこで、叔母の息子を通じて他を当たって欲しい旨伝えたところ、『保証人を降りるなら契約無視して引っ越して雲隠れする 家賃も違約金も全部お前が払え』といった返答が来ました

母は保証人を継続するつもりは無いようですが、金さえ払えば縁が切れるなら違約金でもなんでも払う、と言っています
叔母の言い分は脅迫ではないのでしょうか
賃貸の保証人とはどんな事があろうと降りることはできないのでしょうか

安易に叔母の保証人になった母にも落ち度はあるのでしょうが、何か方法が無いものかと手探り状態で色々調べております
弁護士 法テラス 相談すべき内容なのかも判断がつかないので、藁にもすがる思いで知恵袋を利用させて頂きました

長くなりましたが、どなたかお詳しい方、
どうかお力をお貸しください 弁護士が回答「賃貸。弁護士ドットコム「賃貸 保証人 辞退」では。「賃貸物件家賃の連帯保証
人になっている人が契約者に無断で途中で辞退保証人をやめる事は出来度々
滞納するので解除したいと一方的に言って来て。今後は知らないと電話を切った
。同棲をいきなり破棄されたのですが何か戦える方法はありませんでしょうか

連帯保証人が「滞納する賃借人の解約」を望むケースの注意点。お部屋の賃貸と切っても切れない関係にあるのが「滞納」の問題。しかし。
連帯保証人の立場から契約を解除する方法がないわけではありません。化し。
賃借人?連帯保証人の負担額が大きくなればなるほど賃料未回収のリスクが
高まることは。管理会社としても看過できない点ではないでしょうか。連帯保証人が更新を拒否した場合。弁護士がかんたん解説連帯保証人の更新拒否通知全国賃貸住宅新聞/号
掲載相談内容 長年。賃貸借契約連帯保証人についても。継続的に更新してき
たのですが。今回の更新にあたって。連帯保証契約を更新することを拒否する旨
の手紙が届きました。それでは。連帯保証契約は。更新を拒否されたり。承諾
書の返送がない場合は。自動的に終了してしまうのでしょうか。

賃貸契約時に保証会社利用を断るには。保証人がいない人の保証をするのが「保証会社」ではないのでしょうか。 では。
私たち借りる側は何の対価として金を払うのか? 今の保証会社とは実質。家賃の
取り立て代行会社のようなもので。大家にメリットがあるのはわかります。ホームズ賃貸の保証人を変更するにはどうしたらいい。賃貸物件を契約してから。連帯保証人や保証会社を変更するケースというのは
どのようなものが考えられるでしょうか。家賃保証会社は保険会社などのよう
な厳しい基準がないため。保険会社などと比べると新規参入しやすくなっている
連帯保証人や保証会社は変更することができるのでしょうか。賃貸契約の保証人を辞退する方法は無いでしょうか。一度なった連帯保証人を降りることはなかなか難しいです。 仮に印鑑証明を出さ
なくても連帯保証人は継続されます。 さらに言うと賃貸の連帯保証人は賃貸契約
を解約する権利は無いので契約者が解約しない限りは賃料を支払う責任が

賃貸契約の連帯保証人を途中で変更することは可能ですか。そこで。きちんと責任を持たせるべく。私ではない第三者に連帯保証人を変え
られないかと考えています。賃貸借できることなら。入居時にいったん締結し
てしまった連帯保証人契約の解約?解除をしたいと思っています。

一度なった連帯保証人を降りることはなかなか難しいです。仮に印鑑証明を出さなくても連帯保証人は継続されます。さらに言うと賃貸の連帯保証人は賃貸契約を解約する権利は無いので契約者が解約しない限りは賃料を支払う責任があります。連帯保証人を降りる場合には貸主の承諾が必要になります、その際には新たな保証人や保証会社を利用する必要がありますが貸主、借主両方の協力は必須です。今回のケースですと契約者の叔母が非協力的ですしほぼ不可能かなと思います。基本的に1度なった連帯保証人はやめることはできません。今回、印鑑証明を提出できなかったとしても、契約時に提出済みのもので事は足りますので。更新時に連帯保証人が継続の意志があるかどうか?を確認する不動産やは増えていて、更新時に印鑑証明を提出できないなら、保証会社に加入するようにすすめる場合があります。そこで入居者はお金を払って保証会社に加入するしかなくなりますが実際それで連帯保証人の責任がなくなるかと言ったらそうではありません。契約時の連帯保証人と保証会社の両方ある契約となった方が大家管理会社にとっては安心を得られる為だけの事で、入居者や連帯保証人が楽になるわけではありません。もし、不動産やに連帯保証人をおりたいと相談しても応じるかどうかは大家管理会社次第ですし、保証会社に加入する為の金を出すと言ってもそれで連帯保証人を止められるかは、確認が必要になります。ここからは、ちょっと話は難しいのですが、保証会社に加入するのも審査が必要ですが、その審査には賃貸契約の内容も大きく関わってきます。敷金の額が大きい場合や連帯保証人がいる事により保証会社の審査に通過する事もあり、収入が少ない場合は特に保証会社だけでなく連帯保証人がいるのが前提の契約の保証をする。という形になります。そして保証会社加入での連帯保証人という形になると、滞納した際は不動産やの催促より厳しい取り立てとなります。それなら保証会社に入らせない方が良かったとなりかねません。残念ながら連帯保証人をやめるのには、その物件を解約して引越しさせるしかありません。不動産や以外どこに相談してもどうにもなりません。警察に相談しても事件として扱ってもらうのは難しいとも思いますが☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です