原子の構造陽子?中性子?電子?原子核?質量数?原子番号の。原子量は基本的には陽子と中性子の質量の合計です。ヘリウムの原子の重さを表す原子量というのは、電子の数と陽子の数の和で表されるのですか
もし、表されるのであればなぜなのか教えていただきたいです
また、これは中学校の範囲ですか 原子の構造陽子?中性子?電子?原子核?質量数?原子番号の。原子の中心にいる赤いマルを原子核。原子核の周りをグルグルまわっている青い
マルを電子という。原子核はプラスの電荷の数は等しい。原子の重さを表す
質量数は極端に軽い電子は省くので陽子の数と中性子の数を足した値となる
。ヘリウム原子番号2以降の原子は陽子を複数個持つため。原子核に陽子
しかない場合プラス同士の電気的な反発が起こる。これを避けるため第1章。原子の大きさが億分のでしたから。さらにその万分のというと。
兆分中身がすかすかの原子同士がしっかりと反応できるのは。電子のおかげ
なのです。陽子と中性子は。大きさや重さはほぼ同じで。大きく違うのは。
陽子はプラスの電荷を持っているのに対して。中性子は電荷原子元素を
表わすには。元素記号を用いるのが一般的です。日本語では。質量数を元素名
のあとに続けて。それぞれ。「ヘリウム」「ヘリウム」と読みます。

原子量は基本的には陽子と中性子の質量の合計です。電子は非常に小さく軽いので、原子量に対する影響は非常に小さいです。ヘリウムには陽子が2つと中性子が2つあり、原子量は4です。ただし、厳密に言うと原子量は??C質量数12の炭素との相対質量なので、整数ではありません。また、原子量について学ぶのは高校に入ってからだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です