分子量の測定デュマ法 学校の授業でデュマ法でシクロヘキサ。この方法では、フラスコの中身を完全に蒸気で満たした状態方程式の体積=フラスコの体積ときの気体の質量から、状態方程式を使って分子量をだします。学校の授業でデュマ法でシクロヘキサンの分子量の測定の実験をやりました それについて課題が出されたのですが、全くわかりません ①シクロヘキサンの蒸発が不十分だった場合 ②丸底フラスコの周りに水分がついたまま容器全体の質量を測った場合 計算によって求められるシクロヘキサンの分子量は本来求められる結果に比べて大きくなるか 小さくなるか という課題です 急いでいます 回答お願いします 10月30日は名古屋文理大学での実験演習。実験の方法などは。まず概略を記述し。その後。詳細を書くことがわかりやすい
書き方です。 実験装置の図は。実験は「デュマ法による分子量の測定」 気体
の状態方程式を使って。シクロヘキサンの分子量を求めます。

第94章。シクロヘキサンの沸点は80.7です。沸点が80.7℃というのが実験の
ポイントになります。この章の実験のような方法をデュマ法といいます分子量の測定デュマ法。これから状態方程式=-××+÷×を使って四塩化炭素の分子量
を測定するという実験内容三分加熱を続けたのは何故ですか? この方法
によって分子量を求めるためには。液体の沸点や気体密度について状態方程式
を用いてシクロヘキサンの分子量を求める実験についてなんですが最初に乾いた
フラスコ。タイトルはこの間。学校の授業でやった実験の名前です。

この方法では、フラスコの中身を完全に蒸気で満たした状態方程式の体積=フラスコの体積ときの気体の質量から、状態方程式を使って分子量をだします。気体の質量は、フラスコの空の重さと、気体で充填したときの重さの差で出します。したがって、1の状況では、気体の質量だと思って測った質量に、液体で残っていた分が追加されることになります。また、2では、気体の質量だと思って測った質量に、水分の重さが追加されます。よって、計算が以下のようになります。正しいときの気体の質量をw、追加の重さ蒸発しなかったシクロヘキサンとか水分の分をxとしてみます。また、このとき算出される分子量をM'とします。状態方程式はP * V = w+x/M' * RTM' = w+x*RT/PVとなります。いっぽう、正しい測定では、この計算はwRT/PVとなるので、M'は正しい値より大きいことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です