公務員の守秘義務論 守秘義務についてここでの守秘義務は公。具体的な業務内容個人や企業が特定されるような、または業務内容が特別で一般的に知られていない内容等を、他人に話すことが禁じられています。守秘義務について

ここでの守秘義務は、公務員などが負う守秘義務ではなく、一般労働者【労働契約法3条4項】についての守秘義務の範囲での話です

そこで質問です 自分が働いている業種を家族や知人に話しても守秘義務違反になるのでしょうか

業務内で知りえた情報ではなく、どんな仕事(コールセンター?営業?飲食店)などと言うだけです 秘密を漏らしてはいけない公務員。公務員の守秘義務についてまとめました。具体的にどのような事実が秘密に
該当するかは。個々の事実について判断することになります。 例えば。 「未
発表の採用試験問題?「課税台帳? などがあります。 「職務上知り得た秘密」と「
職務

依頼業務における守秘義務について。もしも職員が依頼業務に関わる秘密漏洩を犯した事実がある場合は。警察へ職員
を地方公務員法違反で刑事告訴することも可能です。 なおこのような守秘義務
違反が認められた場合。職員は名古屋市から懲戒処分を受けます。処分は過失の
程度公務員の守秘義務論。このような公務員の守秘義務は。公務員法以外の個々の法令においても定められ
ている場合がある。公務員に関 する例として。税関係。所得税法二四三条。
地方税法二二条。医療関係 精神衛生法五三条。医療法七二条などに 見られる
。 二。ところで。このぶ場合が多かったにもかかわらず。退官後の守秘義務
違反については「刑法上ノ犯罪タル場合/外其ノ義務二違反 スルモ法律上ノ制裁
ヲ科

従業員の守秘義務の内容?具体例?漏えい時のペナルティを徹底解説。この記事では。労働者の守秘義務をテーマに。次の3つの内容について詳しく
解説していきます。 労働者が負う公務員法や税理士法など。それぞれの職業の
ルールを定める法律のなかで。守秘義務違反に関する規定があり。違反者には
罰則が適用されることが明記されています。特に機密性の高い情報を扱う企業
の場合。個々の労働者との間で秘密保持契約を結ぶことがあります。

具体的な業務内容個人や企業が特定されるような、または業務内容が特別で一般的に知られていない内容等を、他人に話すことが禁じられています。こんな仕事をしている…具体的には、飲食店に商品を置いてもらうため営業して回っているコールセンターで、お客さまからの電話に応対している程度ならいいと思われます。しかし、○○と言うお店に行って、△を営業したら☆だった…とかは、グレーからブラックに近いですね。今日こういうお客さまからの電話があってこう答えたけど納得してくれなくて…なんていうのも同じですね。どのような会社のどのような仕事かによっては、仕事の内容や場所、存在も秘密にしていることがあります。また、他人とは本人以外、家族を含めて全ての人のことを言いますから、自分が働いている業種を家族や知人に話しただけでも、守秘義務違反として懲戒処分や損害賠償請求を受けることもあります。一般労働者の守秘義務の内容は、一般的には会社の内部規則などで決められていますので、どのようなことが秘密に指定されているかは、会社の上司や管理部門に問い合わせなければわかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です