世界の選挙を紹介 もし日本が正当な理由もなく選挙に行かな。まあ上がると思いますがオーストラリアにしてもせいぜい90%ちょっとくらいで、100万人単位で投票しない人は居ます。もし日本が正当な理由もなく選挙に行かないと罰金を払わないといけない制度になったら選挙の投票率は上がりますか オーストラリアがそういう制度だそうです(最高100ドルの罰金) 『なぜ君』小川淳也議員が説く「米大統領選後の世界の読み方。ドキュメンタリー映画として異例の観客動員万人を突破し。ロングランを続けて
いる『なぜ君は総理大臣になれないのか』。その主人公の“真っすぐすぎる男”。
小川淳也議員は。アメリカ大統領選をどう見たのか。「日本の若者が投票しないのが不思議です」。投票率が上がらないことが懸念されているが。そんな日本を尻目に%以上の
投票率を誇る国がある。 オーストラリアだ。 日本とは異なり。有権者が国政選挙
で投票することを「義務化」しており。同国の若者は。その制度

3回連続で投票しないと「選挙権剥奪」。義務投票制オーストラリア。ベルギー 「有権者登録」の他にも。日本に
は無い制度がある国々があります。例えば。投票に行かないと選挙クイズ:酒田市公式ウェブサイト。。歳になった人が市町村の選挙管理委員会に届出をし。登録される 。住民
基本台帳をもとに。市町村の選挙管理委員会が資格を確認して登録する 。住民
基本台帳そのものが選挙人名簿になる の答えをみる投票に行かないと罰せられる国がある。投票を義務化している主な国は。アルゼンチン。オーストラリア。ギリシャ。
シンガポール。ペルー。ベルギー。ルクセンブルクなどカ国以上あります。
これらの国では。罰金や選挙権の制限など何らかの罰則が課せられる

強制投票は実現可能か。投票率の低下を日本固有の問題としたり。若者の政治離れと結論づけて政権批判
に結びつけることに意味はなく。むしろ制度的な解決方法を検討していくことが
大事だろう。 強制投票制は。そのつである。 強制投票とは何か世界の選挙を紹介。選挙に行くなんて。まだまだ先のこと。なんて思っているアナタ。選挙はわたし
たちのよりよい生活や社会にかかわるとても大切なものです。政治に参加する
ための手段である選挙について今から考えてみましょう。

まあ上がると思いますがオーストラリアにしてもせいぜい90%ちょっとくらいで、100万人単位で投票しない人は居ます。罰金も選挙によりますがほとんど$20-50くらいです。オーストラリアでは政治など何の興味もない、言葉は悪いけど底辺が投票に行く事になるので、それを当て込んで選挙前に生活保護者や低所得者へのばら撒きがはじまります。またそういったそう向けの写真週刊誌レベルの低俗な相手政党へのネガティブCMなどが流れまくります。投票率が上がる事は必ずしもいいことばかりではないのです。上がります。そのかわり、不正が増えるよ。他人に投票券を売る事が蔓延する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です