ナチス?ドイツの超兵器 ナチスドイツの技術力は非常に高度。ジェットエンジンはイギリスがちょっとだけ早いですし、レーダー技術では完全に水をあけられています。ナチスドイツの技術力は非常に高度で
世界初のジェット機、大陸間弾道ミサイルの開発に成功しております

これらは他の先進国も開発成功は時間の問題だったのでしょうか
なぜドイツの技 術力はあれほど高度なものだったのでしょうか

核爆弾もドイツが開発したものなのでしょうか ナチスドイツの科学力は世界一ィィィィ。燃費は非常によく。高熱にならないので専用の耐熱服も不要です。というのも長
時間ジャンプすることはなく。飛距離はフィート約。高度は
フィート約ほどナチス?ドイツの秘密兵器。ナチス?ドイツが開発した世界初の弾道ミサイル「V2」写真奥。コス
フォード英国空軍博物館の当時。遠隔誘導兵器は「夢物語」のレベルで。技術
立国ドイツをしても。その具現化には時間がかかった。V2はプロトタイプの
完成

第3回。ナチス?ドイツを連合国が裁いたニュルンベルク国際軍事裁判のうち。米国が
単独で担当したのいわゆる「継続は。ナチス親衛隊次官の ブラントの許可
を得て。低圧実験室の中にダッハウ強制収容所の囚人を入れて高度に
ドイツ空軍と海軍の要請で年7月にダッハウ強制収容所で行われた。非常
時に海水を飲めるようにするための実験です。コードは。医学実験に関する
最初の国際的なガイドラインになり。世界人権宣言や。年に設立された世界
医師会のナチス?ドイツの超兵器。第二次世界大戦中。ナチス?ドイツの科学技術力は世界随一であった。 当時。
ナチス?世界初の実用ジェット戦闘機「メッサーシュミット 」この
V3高圧ポンプ砲は~という非常に長い砲身に数ごとに火薬燃焼室が
付いていて。その形状から「ムカデ砲」とも呼ばれた。 これらの火薬ナチス?
ドイツでは。V2ロケットを基に色々なロケット誘導弾ミサイルが設計され
た。

ジェットエンジンはイギリスがちょっとだけ早いですし、レーダー技術では完全に水をあけられています。また、英米の物量の前にあっては「ドイツは先進兵器を作るしか、なかった」という見方があり、これが一定の説得力を持つと思います。だいたい、ドイツにそれほどの技術があるんだったら、どうして「4発大型爆撃機が配備されなかった?」とも言えるんです。双発の軽爆撃機でイギリスに挑んでコテンパンになっており、大戦中盤からはイギリスとアメリカの重爆撃機に全土が蹂躙されています。こういう事態になってしまったために、反撃の手段に巡航ミサイルや弾道弾を開発する方向に行くしかなく、そしてそれに応えることができる頭脳が当時のドイツにはあったため、結果的にすごい兵器ができてしまった。言うなれば「量で対抗できないから、質で立ち向かった」核兵器も当然研究対象でしたが、ドイツはユダヤ人の追放、反体制派への弾圧などという政策にこだわり、この方面での逸材が国外へ脱出してしまい、時間も足りず、頓挫しています。ちなみにV2ロケット兵器は1300発中1150発が成功、と言える精度を誇ります。この驚異的と言える成功率を下支えしたのが、ドイツの工業技術水準の高さです。また、意外かもしれませんがドイツ軍は人命を軽視しません。だから、無人で突入することができる兵器を作ったとも言える。??最後の方にゃパイロットを積んで発射する「有人対空砲」まで作ってたけど、これだって生還を前提としていたほどです。しかしながら、「戦略の失敗を戦術でカバーすることはできない」という、歴史が証明している事実をドイツもひっくり返すことはできませんでした。ドイツでは「作るしかなかった」ロケット兵器ですが、戦後になってもアメリカではそれを必要としません。核兵器を積んで世界中どこへでも飛ばせるような重爆を保有していたからです。そこにスプートニクショックが。そうなると、必要に迫られたアメリカも、「作るしかなくなった」。一部で突出していただけで全体とすれば連合国に比べて特別優れていたわけではありません。レーダーなど電子技術は遅れており、VT信管なども開発出来ませんでした。戦車も稼働率が低く、駆動系の信頼性では明らかに劣っています。連合軍は特殊な兵器を開発しなくとも既存の兵器で十分に勝てたのであえてそのような事をしなくてもすんだのです。ロケットに関しては、ドイツのフォン?ブラウンに匹敵する、むしろそれ以上の技術者はロシアにもアメリカにも居ました。他の方がご指摘の様に、国民性の違いが大きいのかな?ドイツは宇宙旅行協会というレベルの高いサークルが戦前からすでにありましたし。フォン?ブラウンの話を総統は聞いたけど、ゴダードの話は大統領には届かなかった。ロケットの基本理論でも重要な、大気圏を脱出する為の技術である多段式はすでに1903年にロシアのクソ田舎でコンスタンチン?エドゥアルドヴィチ?ツィオルコフスキーが完成させてますしね。ドイツの技術は大したものだと思いますが、別に神がかったものとかではなく、純粋にドイツ人の真面目さが上手くマッチして組み上げたものだと思います。しかも、例えば、当時の状況なら絶対に欲しかった「レーダー技術」では、完全にイギリスの遅れをとったし、著名な「Uボート」にしても、「シュノーケル」はオランダのパクリだったし、「ワルター機関」なんかも実用性低しという事で破棄されていますね。例えば「ジェット機」なんかも、何か国かが同時開発しているし、「軸流式ターボジェットエンジン」自体も、理論的に生み出したのはイギリス人で、ただ、イギリスが製作の困難さから簡易なシステムでの完成を急いだつまり、レーダーで成功した方法のが裏目に出ただけとも言えます。ただ、精密な部品を正確に積み上げていく、というのは、ドイツ人の得意な方法であり、そういう点での成果とも言えるのが「弾道ミサイル」の製作だと思います。当時のアバウトな部品環境の中で、1000の部品のそれぞれが正確に動かないとシステムが動かない、みたいな環境は、ドイツ人の独断場だったというと言い過ぎかもしれませんが、得意であったことは確かです。だから、当時の日本のような、どうしてもアバウトな部品も使わざるを得ない環境では、ドイツの機械はなかなか動かなかったようです。せっかく日本に「技術支援」で来たドイツ人技師は「部品の精度を上げろ」というばかりで、ほとんど完成には貢献せず、結局、日本の技術での部品を組み立てて、調整して使うしかなかったそうです。でも、例えば「宇宙ロケット」には、そこまで積み上げる必要が絶対にあったので、「米ソ」とも初期のロケット開発はドイツ人中心に行われました。これは当時から有名な事実だったので、冷戦下の米ソが宇宙ではドイツ語で仲良し、みたいなことがいろいろ型を変えて言われたようですね。それで言うと「核」はちょっと違う気がしますね。ともかく、当時「硬式飛行船を操縦できるのはドイツ人だけ」とも言われました。それはこの巨大メカが、大きさの割の脆弱で、ちょっと風に逆らっただけで船体がへし折れてしまうというものだったせいで、そういうのと似た点があるんじゃないかと思いますね。私も前から疑問に思っていたのですが、ドイツが科学技術の国として進化したのは、1810年のベルリン大学設立から始まるようです。ベルリン大学は工科を持っていませんが、近代的な大学の始まりとされています。それまでの大学が過去の学問の詠唱であったのに対し、ベルリン大学は研究を始めた、ということです。19世紀初頭のドイツは、イギリス、フランスに比べて後進国だったのに、先進国に追いつくべく工業化を進め、ベルリン大学に始まる大学教育の改革?教育制度の整備と合わせて、工科等の単科大学を設立するに至ります。日本が文明開化の頃には、医学等の科学技術で先進的な国に変貌していたようです。アメリカも大量の留学生をドイツに送り、アメリカ国内の大学改革に結びつきました。イギリスなどでもギリシャ語の古典を読むためには、ドイツの大学に留学して学習することが必要だったようです。要するに、学問を学ぶならドイツに行くことが早道になりました。19世紀末には、オットーサイクル、自動車、ディーゼル機関といった発明を成し遂げています。第二次世界大戦時、ジェットエンジンを搭載した航空機は、グロスター?ミーティアが世界初の実用化でしたが、遠心圧縮型ファンを用いており、現在まで続く軸流圧縮型ファンを用いていたのはメッサーシュミットMe262でした。少し参考にした論文:ジェット機の開発はイタリアが嚆矢。ドイツとイギリスがほぼ横並びで開発。ドイツの方が技術的に上で、高性能なエンジンと後退翼でよりレベルの高い機体を完成した。弾道ミサイルはドイツで開発された。残念ながら大陸間弾道ミサイルと言える長距離は届かなかった。この技術は相当なもので、アメリカはフォン?ブラウンを招いてミサイル開発を進め、アポロ計画までは、フォン?ブラウンが宇宙開発の中心にいた。ソ連もドイツ人技術者たちを拉致してミサイル開発を進めた。この技術移転が無ければ、米ソではミサイルやロケットの開発は大きく遅れたはず。核爆弾はドイツが先行したものの、投下できる資金と原料の入手の差で、アメリカに大きく差をつけられた。ドイツの科学技術や重工業は、実用性より理論的先進性を重んじていたため、先進的開発は先行することができたが、兵器としての実用性生産性も含むで劣る傾向にあった。ドイツのV2 は大陸間弾道ミサイルICBMではなく、最初のICBMはソ連のR7です。ジェット機はアメリカも英国もほぼ同時に実用化しています。核爆弾はアメリカが最初に作り、我が広島、長崎に落としています。>世界初のジェット機世界初の実用ジェット戦闘機、世界初の実用ロケット戦闘機、世界初の弾道弾大陸間ではない、世界初の巡航ミサイル。ジェット戦闘機についてはアメリカ、イギリスでも開発されていて、時間の問題でした。イタリア、フランスもそうかなぁ。弾道ミサイル、巡航ミサイルについては「全然だめ」でした。特に弾道ミサイルに使われていた液体ロケットエンジンの開発はドイツの独壇場で、アメリカ、ソ連がまともなロケットを打ち上げられるようになったのは戦争が終わってドイツの技術がこの二国に流れたからです。核兵器についてはWWIIの頃は「核爆発」自体がそれほど知られておらず、ドイツで考えられていた核兵器は「ナスティーボム」でした。現代的核兵器はアメリカのマンハッタン計画によるものですが、これに関わっていたのがナチスに迫害されたユダヤ系ドイツ人科学者達ですから、結局「ドイツ由来の技術ばかり突出していた」わけですね。ちなみに「ハイブリッド内燃機関と電気駆動混合駆動」もドイツが大戦中に実用化していますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です