ゴーン被告 ゴーン逮捕でのフランスメディアの報道は人種差。私が見ているニュースの範囲では残念ながら明確には「差別的発言」はしていませんから人種差別とまでは言えないけど日本が見下されていることは報道の仕方や内容から明らかだとは思います。ゴーン逮捕でのフランスメディアの報道は人種差別にならないのですか 明らかに日本人(黄色)を見下しているような報道に感じます ゴーン氏逮捕。日産自動車会長カルロス?ゴーンの逮捕は。フランスのメディア上では全体的に
「それ見たことか」という冷ややかな論調で報道されている。不当と語気を強め
ているのは経済新聞レ?ゼコー紙のみ。ゴーン被告は会見で日本メディアを「選別」したのか。朝日新聞は年月にゴーン前会長の逮捕を他社に先駆けて報道した経緯が
ある。ゴーン前会長はメディアを国ごとに分け。地元レバノン。フランス。
出身国ブラジル。米国。英国といった順でこれに対しゴーン前会長は「日本
メディアを差別しているわけではない。プロパガンダ宣伝をもって発言する
人や。事実を冷静に分析できない人ではなく。客観的な見方ができる人

ゴーン被告の逮捕は「日本の外国人差別の一面を浮き彫りにした。一方では「フランス国民はゴーン被告に同情していない」の声も…。一面を
浮き彫りにした」の声も。動画発表の会見で。各国のメディアに聞いた。日産
自動車元会長カルロス?ゴーン被告の逮捕に関して。弁護団が月日時から
日本外国特派員協会で記者会見を開いた。そこでは。約分裁判に関わる資料
が押収されたら。無効審理にならないのか? アメリカの黒人男性
窒息死。警察官ら起訴されず「残念なことに。歴史がまたくり返された」ゴーン被告。ゴーン被告。フランス発給のパスポート通のうち通でレバノン入国か 報道
日産自動車会長時代のカルロス?ゴーン被告年
月日撮影。資料写真。 /ゴーン被告逃亡。国内メディアも
一様に卑劣さ非難 特集写真と図解でみる日産ゴーン前会長の逮捕からの経緯
ドクター?スース作品。人種差別描写の作絶版へ ドクター?

フランス当局。パリAFP時事パリで警官らが黒人の男性音楽プロデューサーを集団暴行
した様子を撮影した動画がマクロン大統領は声明で「恥ずべきだ」と非難。「
フランスは憎悪や人種差別の拡散を決して許してはならない」と訴えた。仏。
警官の「顔撮影を禁止」 報道機関や人権団体は反発―権力監視機能の阻害に
記者やソーシャルメディアの利用者が警察の不正を記録できなくなると懸念され
ており。上院での採決を前に。法案に反対するデモも起きている。日本政府。金融商品取引法違反などの罪で起訴され。保釈中だった日産自動車元会長の
カルロス?ゴーン被告が密などの報道によると。ゴーン被告は昨年
月日に自宅を出て。新幹線で大阪に向かった。ゴーン被告は年月
に最初に逮捕された。年月に保釈されたものの。妻のキャロル氏に会う
ことが許されていなかった。日本を離れて以来。ゴーン被告はメディアの取材
に応じていないが。日に開かれる記者会見で沈黙を破るとみられている

第600回:イタリアで「ゴーン問題」はこう報道されていた。日本ではいまだに熱のこもった報道が続いている“ゴーン問題”だが。日本とも
フランスとも無関係なイタリア。金融商品取引法違反の疑い
で逮捕された際は。数日後に知人のフランス人から筆者のもとに「私確かに
最初の逮捕当時。フランスのメディアはかなり時間を割いて取り上げていたから
。感情的になるのも無理はなかろう。大事件とは。ファッションブランドで
あるドルチェ&ガッバーナの広告動画が。中国?アジア人に対して差別的

私が見ているニュースの範囲では残念ながら明確には「差別的発言」はしていませんから人種差別とまでは言えないけど日本が見下されていることは報道の仕方や内容から明らかだとは思います。でもフランス人ってヨーロッパ諸国の中でも「国粋主義」の傾向が強いので今回の様に「明らかに人種として下に見ている国が自国の人間などに対して「明確な証拠、根拠が提示されずに現段階では開示や公開はされてはいない」人権を侵害?するような行為逮捕=身柄の拘束を行うとある程度強い非難をすることは今に始まったことではないです。フランス人は自国や欧米人よりアジア人、アフリカ人は「下等人種」という感覚を持っている人間が多いからね。その感覚の程度は強い、弱いはあるが大抵の人間はそう考えている。まあ日本人の多くが「欧米人」より「アフリカ人」を見下す傾向があるのと似た感覚に近いと思う。戦争捕虜を虐待したので日本の警察は白人には酷い拷問をすると思ってるのでしょうフランスメディアの多くはゴーン批判ですよ。ただゴーン擁護?日産や検察への批判記事だけを、日本のメディアは印象操作として報道しているのです。印象操作に騙せれないように広い視野を持って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です