コロナで航空需要激減 ANAにA380が就航しますが 採。ANAでは現在、東京/ホノルルに。ANAにA380が就航しますが、 採算は合うのでしょうか コロナで航空需要激減。はの牙城であるホノルルにファーストクラス設定のを年月に
投入しています。 何かと話題世界最大のはどうなっていくのでしょうか
。 スポンサーリンクエアバス就航後; 生産中止の理由 ます。 超
大型機は時代に合わない。豊富な資金でを導入。採算度外視で運航してい
た路線もあるでしょうから。早く決定したかったのでは?とも思い

ANAでは現在、東京/ホノルルに B787-9 で1日3便を飛ばしています。これが全部 A380 に置き換われば、浮いた B787 を他の高収益路線に投入できます。そしてホノルル路線の競争力は高まり、JAL から顧客を奪うこともできるでしょう。ホノルル路線はたしかにリゾート路線ですが、意外にも上級クラスの利用者は少なくありません。ホノルルマラソンなんて医者や会社役員がばんばんファーストクラスに乗ってますからね。そこに A380 を投入し、JAL のスカイスイート 777 を上回る機材が登場すれば、小金持ちのハワイ好きはこぞって ANA に乗り換えるかもしれませんよ。別の観点として、今回の A380 導入に対してはエアバスからかなり有利な条件を引き出していそうです。スカイマークの尻ぬぐいではありましたが、ANA が助け舟を出さなければスカイマークに違約金を満額支払う資金力はなかったし、いまさら A380 を3機まとめて引き取ってくれるエアラインを探すのも困難。それゆえ ANA との取引はエアバスにとって渡りに船であり、大幅値引きや割戻金機材導入後、一定期間が経つと、割引分を払い戻す制度も望めそうです。あと私見ですが、この A380 導入がキッカケで、ハワイへの修学旅行が増えるかもしれません。韓国への修学旅行が今後しばらくは絶望的ですし、安価でも大量に席を埋められる修学旅行は意外に美味しいビジネスです。リゾート路線ですから難しいように思います。経営に及ぼす影響も避けられないでしょう。欠損を出さなければ上出来で頃合いを見計らって他社へ売り払う作戦と見ます。少なくともANAは合うと判断しているのでしょうね。でないと導入しないでしょう。ひょっとすると、トントン程度で、その他の面を総合的に判断して…という可能性もあるかもしれませんが、少なくとも大赤字とは思っていないでしょうね。個人的には、黒字になるかどうかは微妙な気がしますが。成田発に限定されるでしょうし、3機という少数の導入も、どのように運用する気なのか気になるんですよね。1機で毎日1往復というパターンでしょうが、2機を使って2往復とし、1機を予備にするのか?この場合、遊んでいる機体の比率が1/3の33%に相当するので、かなり無駄が生じます。はたまた、3機で3往復とし、整備などの際は機材変更をするのか?この場合だと、頻繁に機材変更が必要&A380からの機材変更は影響が大きいという問題もあると思うんですが。キャパも明らかにオーバーでしょうしね。合うから、購入するのでしょう。もともとスカイマークの380導入で切っ掛けがあったのでしょう。一回で大量に運べる、A380は、ドル箱のハワイ航路に張り付くことで、多客時の増収に役立ちます。さらに、エコノミーは閑古鳥が鳴いても、プレエコやcクラスのグレードを上げればANAの売りになります。空港施設も特殊になり、専用機材とすることで、採算ベースは充分に合うと判断されます。合わなかったら 売却するので 御心配には及びませんwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です