コラム:混迷極まる米大統領選 日本の国力低下などをしてい。民主主義の基本原則を否定して、どうする。日本の国力低下などをしていくためには日本人に「民主主義=多数決」と考えさせることなのでしょうか コラム:混迷極まる米大統領選。大統領選を通して。米国の民主主義が機能不全に陥っている実情も明らかになっ
た。米国と正面から対決しなくても。国力を高めていくことに専念し。米国の
力が徐々に衰えていくのを待った方がよいと思っているのではないか。日本は
。日米安全保障条約の下。安全保障を全面的に米国に依存するという。経済大国
としては特異な体制を続けてきた。中国への依存を緩和するため。他のアジア
諸国に生産拠点などをシフトする動きは続くが。それでも中国がオピニオン:コロナ禍で変わる世界秩序。世界で最も感染被害が大きい米国の国力は大きく低下し。日本との同盟関係は
これまでのように機能しない恐れがあるという。その中で日本は「台湾化」が
進み。徐々に中国の影響下に入っていく可能性があると予測する。独裁国家が
相対的に強くなり。民主主義国家の力が相対的に低下するとみている。その他
の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのために
コラムニストによって提供されているものであって。商用目的のために提供され

新たなる「大国の興亡」は人口動態から展望できる。また。人口が増加する地域の大半は。南アジアとアフリカのサハラ以南に偏在し
ています。日本経済研究センターのレポートでは。長期的にアメリカはの
面で追い抜かれた中国を再び抜き返すと予測されています。アメリカの国力の
低下が言われていますが。それは国力を有効に活用するべき政治家の能力の低下
にすぎませんしかし。億の人口を持ち。数百の言語を持つインドは。
なんとか民主主義を成り立たせ。亜大陸でつの世界を作り上げています日本人は民主主義を捨てたがっているのか。別途。クーポンコードをお届けするためにメールが送信されますので。ご了承の
上ご購入ください。政治への無関心が社会を覆う中で。民主主義そのものが崖
に向かって行進している。いま必要な選挙』『精神』などのドキュメンタリー
作品で注目を集める気鋭の映画作家が。日本社会の直面する危機を鋭く描出する

外務省:。そして国力向上のための課題とは何か。年に新設された広報文化交流部の
山本忠通部長を直撃した。よくソフト?パワーと混同する人がいるけど。
ソフト?パワーとは。パブリック?ディプロマシーをスムーズに推進する上での
環境づくりをする力のことだと思ってもうひとつは。民主化の進展。食文化
に始まり。能や歌舞伎などの芸術も世界で公演されている。野村。中国が台頭
してきて。日本のプレゼンスが低下するのではないか。という声も聞かれます
けど…

民主主義の基本原則を否定して、どうする?議論を行い、多数決を行うのが、民主主義ですねw「少数意見の尊重」は、意見の発表まで。意見が出尽くしたら、決を採るのが、一般的なルールですね。その場で、相手を説得出来ないレベルの下らない意見を採用する馬鹿はおらずまた、「互いに譲らない」場合、結論が出ない事になるからねw「どの意見にして良いのか解らない」者が過半数に達している場合のみ議論が継続するのであって、「私は、この意見から変更しない」者が過半数に達したら、議決を取るのがルールだからねwスイス政府発行の『民間防衛』の中では、武力を使わずとも、いとも簡単に占領することが可能だと、書かれています。。それは、工作 です。例えば 手順は下記です。民主主義 を浸透させ、工作員を送り込み、メディアを徐々に乗っ取り、人権意識を浸透させ、平和主義を浸透させ、日本の欠点ばかりを報道し、法曹司法を徐々に乗っ取り、民法 刑法 を徐々に変えさせ、憲法9条のように国防が悪であるかの如く 思い込ませて、国防を放棄させて、防衛装備を買わせず 陳腐化させ、防衛の仕事を嫌う様に仕向け、いずれ 防衛を放棄させ、チベットの様に無防備にさせ、反日本人の 政党を作り、政治を乗っ取り、日本の土地を買わせ、道州制の様な日本分断策を進めて、武力を使わず、気づかれないうちに占領されますね。。既に どこかの国で 進行していますね。。直ぐ身近です。。物事で全員一致というのは、まずあり得ないので、多数決で決める事になります。間接民主主義の元になっている選挙は多数決です。ヨーロッパ外資:プロジェクトなどでは必ず2割程度の抵抗者がいる。それらは無視しなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です