オタクのSNSはつらい 同人活動してるけどSNSはやらな。>ツイッターなどをするのが普通…いや、ツイッターをしている人が多い、だけです。同人活動してるけどSNSはやらない人 今の時代 同人、創作活動をするにあたり、ツイッターなどをするのが普通…という風潮な気がします 自分も、ツイッター上でTLを追って交流したりなどをしていますが…コンスタンスに出来ず…(低浮上にしています) ツイッターや交流に向いていないと思っていて続けるか悩んでいます 同人活動(本や物を作ったり、コスしたり)をしている方で、特にSNSなどはやっていない pixivのみで宣伝している SNSやっているけど、実は苦手…という方居りますでしょうか 同人活動してるけどSNSはやらない人。とある同人作家の引退理由が話題に。同人やめました 先日のコミックシティで。同人活動を引退することにしました。
懐古趣味の戯言でしょうけど。昔といつの間にかに毒されてしまい。「
受ける漫画」を描くようになったり。自分より下手でも評価されている人を僻ん
晴美時代を知ってるロートルには今のオタク文化は何か違うと 思うことが多々
ある オタクも進化あるいは退化してるってそれは君がほどよくから距離
をとったり恵まれた相手としか付き合ってないからだよ 同人活動ややっ
てりゃ

同人活動の思い出/ストレスを感じているのにツイッターをやめ。私はツイッターをやめたあとも年近く同人活動を続けましたが。作品を見てくれ
る人達はちゃんといました。同人関連でもそれ以外でも。ツイッターが
役に立っていないどころかストレスをためているだけと自覚している人同人
活動の思い出/私の現役時代を振り返ってみても。心から楽しくツイッターを
使っていた人いなさすぎ問題オタクではなくても疲れは問題になってい
ますし。そもそもツイッターのフォロワー数はお金で買うこともできます。オタクのSNSはつらい。残念ながら。今の時代はよほどの集客力がないと。やを使わずに
サイトに人を集めるのは難しいでに直接カプ名を入れて検索する人も。
今よりは多かっただろうけれど。さらに言えば。そこまで飢えている人のため
にもとに何かしらあなたのサイトへの足がかりがあった

二次創作はグレーゾーンか。同人誌の問題は車と似てる気がするー。みんな違反してるけど取締りしてない
からたまたま捕まらないだけでっていうところかなー。少なくともそれくらいの
危機感はあってもいい同人SNS全般アンチスレ4。水 同人全般に向いてない。
やる気もない。同人全般嫌い。考えが古いかもしれないけど。昔はプロ
漫画家って雑誌投稿とかアシとか下積みを積んでなれる一握りの存在だと思って
た 今ニュースで読んだんだけどこの人もサイト時代だったらスランプにはなれ
ど。趣味でうつ病なんてならなかったのかもね ツイでヨイショされて結局個人
サイト拠点にして細々活動するっていう選択肢もあるし。実際そうしてる人も
いるのに…

既婚女性が書いた「同人活動と結婚」を読んで思ったこと。ネット上で話題になった投稿「同人活動と結婚既婚者からの意見 」。2年以上
前に書かれたものですが。ツイッターで意見を結婚すると独身時代のようには
。同人活動を続けることは難しくなる?まず。「絵を描いて。発表して。それ
が評価されるっていうのはやらない人はわからないんだけど実はものすごく中
なかには「既婚者の私は楽しく活動してるし旦那も深く触れないでいてくれる上
に理解をしてくれてるので特に支障は関連するキーワード #[TR。津田さんは。日本の出版社が海外の動きを様子見しているとみる。大体さ。
こういう話になるとすぐ馬鹿の一つ覚えで校正云々とか言うけどさ。 今でも
自分でやれる人は自分でやり。自信のない人は手数料払ってプロに頼む。同人
誌はすでに販売が食い込んできてるねぇ…メシウマ速報├ ハム速├ 非モテ
sns

暴露昔はヤバかった4今なら炎上/痛い人/事件/バトル。そっちは世に出す前に撤回したしの類なんて無かった時代だからそこまで
炎上沙汰にならなかったんだよね。盛者必衰というか何というか同人や商業で
専業している人も年後にどうなってるか考えると恐ろしいものが有るよ 好きな
作家さんには作品数減ってもいいけどせめて生活に困ること無い様にしてもらい
たいどんだけ後ろめたい気持ちで同人の活動してたんだよと

>ツイッターなどをするのが普通…いや、ツイッターをしている人が多い、だけです。ツイッターは同人に限らず利用をしている人が多いですから、同人をやっている方でも当然のように利用をする人が多いだけですね。SNSは気軽にできるものですから、それを利用して多くの人に見て頂けるチャンスがあります。そのチャンスを使うかどうかは自由ですよ。ネットをあまり使わない友人がいますが、特に不便には思っていないようです。どうしても、というときは使いますが、なきゃないでどうにでもなるんだそうです。また、使っているけど利用頻度が高くない、という友人もいます。生活の中でSNSがあまり中心になく、イベント前後だけ稼働させてます。ツイッターもピクシブもツールのひとつです。あなたが好きなように利用するのが一番だと思います。よくも悪くも、趣味ですから。いらっしゃいますよ。私はやっていますが、もともとはSNSを利用しても話すこともないしなーという考えだったので、利用し始めたのはサークル活動のほんの終わりの方だけでした。周りにもSNSをやっていなかった→サークル活動を始めたので登録した→SNSの風潮に疲れたのでSNSだけやめた、という方もいましたし、これからもSNSは使わないという方もいます。正直、人のつながりは増える一方で社交辞令も絡んでくる界隈なので、無理に使う必要はないです。告知だけならpixivで十分だと思います。私もコミケなどにサークル参加してますがツイッターなどはしてませんよ。おっそろしいほどの筆無精なので、Pixivやブログも更新は数ヶ月に一度という感じでして。ソシャゲなどに必要なのでアカウントだけは作ってますけどね。いますよ。友人はSNSは一切やってません。私はtwitterは同人活動には使っていませんで、日常のつぶやきと同人以外の情報収集地震とか政府広報とか、あと連絡用にDMを使っています。Pixivはたまーにオリジナルイラストと、かなり古い二次ジャンルを気紛れに上げるのみです。そもそも、同人活動は生活のごくごく一部であって、他に沢山趣味があるので、同人活動にそれ程熱心じゃないのです。なので、懸命に宣伝したり、交流を持つ事は、自分の中では必要もないのです。ましてや、それで精神を病んだりするなど、考えられません。同人活動を生活の基盤金銭面ではなく、精神面でにすると、そこで一度挫折したら立ち直るのが難しくなります。言葉は悪いですが、「たかが趣味」です。もっと気楽に行えばいいのではないですか?50代以上の同人作家さんにはSNSやってない人多いですね。自分が20代の頃に得たファンが今も忘れず通ってくれてるのでそれで活動が成り立つんです。なんせ昔は同人誌がSNSみたいなものでしたから本を買うことがSNSのつぶやきを見るようなもので、だからこそファンの数もものすごく多いんです。若い子は誰も知らない、傍から見ればしょぼくれたオワコン作家なのに未だに初動1000部とかザラですからねえ。はい、私も苦手です。Twitterはpixivの更新報告のみに使用しています。交流は一切無し。近しいリアル友人とだけお付き合いしてます。私はリアルでもベッタリする付き合いがあまり得意ではないので、ジャンル同士のお付き合いが無くとも、それを寂しいとか思わないんです。でもイベントで一人だろうと、わざわざ本を買いに来てくださる方たちがいらっしゃるし、お隣のサークルさんとちょっとお話したり、それで特に不満はなく満足してます。個人サイトやブログの時代を過ぎ、今はpixivとTwitterがあって当然みたいな時代になりましたよね。ちょうどさっきコミケのwebカタログ見てましたが、サークル情報登録状況にその2つがあるくらいですし。私も交流はそんなに得意じゃないです。正直面倒くさいと思う時も結構ありますし。でも宣伝告知ツールとしては重宝してますし。持っていて欲しいと、サークル情報に登録、連動、イベント直前には是非とも発行物の情報をなにとぞと思います。プロフィールに、宣伝用アカウントです。低浮上です、などと書いて先手を打ってはいかがでしょうか?、それであれば放置しておいても交流少な目でもそんなものだろうと思いますので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です