まさか自分が 1 年半近くうつ状態で休職しましたが無事に。私もうつ病持ちで、3ヶ月入院しました。1 年半近くうつ状態で休職しましたが、無事に復職でき、1年経過しました 長文になりますが、よろしければ現状へのご指摘と、今後についてのアドバイスをお願いいたします 長期間の休職中は、人事部に支援を受け、復職にあたってもリハビリ出勤期間を取っていただき、職場の異動の配慮もしていただいた そのことには一言では言い尽くせない感謝の気持ちを抱いており、お礼も申し上げました しかしながら、その事を折りにつけ、あのときはこうしてあげた、時間を割いて対応してあげた、リワークに行かせてあげた、、、など、こちらに「感謝の強要」というか復職させてあげたという態度をとられていると感じます 休職は、自分の性格(完璧主義で余裕がなく白黒つけたがる)により、自分自身で追い込んでしまった面はあると考えています しかし当時の上司のパワハラが主要因となり、さらに追い込まれ、休職に至りました そして、パワハラを知っていながら(相談していた)、1 年以上放置し対応を取らなかった人事部にも一因があるのではと思っております しかしながら、休職に至り会社に迷惑を掛けたことは事実なので、人事部の後手後手の対応についてはこちらからは一言も申し入れは致しませんでした 1 休職社員への対応は、人事部の業務の一部であり仕事として行ったことと考えられると思います 本当に感謝をしていますが、これ程までに、人事部から感謝を強要する必要はあるのでしょうか 2 どのくらいの期間、どういった方法で、感謝を表し続けたら、感謝が伝わるのでしょうか 3 今後、どのような気持ちをもって勤務にあたれば良いでしょうか 4 その他、考え方に対するご指摘、アドバイスなど 折角復職出来ましたので、前向きに考えて、仕事に取り組んで行きたいです ご回答いただけるとありがたいです よろしくお願いいたします 人事担当者必見休職に必要な手続きと対策とは。本記事では。従業員がうつ病で休職する際に人事労務が知っておくべきこと。
必要な手続き。復職までの流れなどを解説し就業規則で認められる休職の期間
を就業規則で確認しながら。社員に対して説明しましょう。病気が原因で「
日」以上仕事を休んだ場合には。最長で「年か月」の間。給与額のおよそ「
分の」休職に至ったケースの原因の多くは社員が適応障害を発症したこと。
つまりその社員がその職場環境に適応できなかったことによります。

まさか自分が。次の項では。実際にうつ病と診断され。長期休養を経て元の職場に復帰した
エンジニア人と。休養中に退職事情を伝えた上司に産業医の先生を紹介して
もらったところ。休職を勧められたので。そのまま休むことにしました。健康
な状態なら少々無理できたことも。リミットが下がっているから無理が利かない
。倒れる前は純粋に忙しかったので。家庭を顧みることができませんでしたが
。幸か不幸か年近く休養を取ったことで。家庭のこともわかりました。うつ病で1年休職後に復職した体験記:。でゴマ夫のうつ病で年休職後に復職した体験記 休職期間をどう過ごす
べきかがわかる 。とりあえず1カ月休職しましょう」第1章
うつ病休職から復職するまでの道のり休職期間を7つに分けて解説する仕事が
辛い?辞めたい期 悩み悩み悩み休職この本はゴマ夫さんの実体験をもとに。
どんな風にうつ病になって休職し。職場復帰することができたのかが具体的に
詳しく書

うつ病から復帰。-労働政策研究?研修機構東京の調査では。過去3年間にメンタル不調を
理由に休職した社員がいる企業は33?1%。職場復帰後に再び悪化して休職。
退職する例も少なくない=グラフ参照。 「うつ病には。がんや発達メンタルヘルスハンドブック。1 職場のメンタルヘルス 2 管理監督者の役割 1管理監督者が具体的
休職中の職員が復職をしようとするときは。本人の申し出により健康状態
について審Bさんは。休みがちとなった後も教頭に相談できたことが幸いしま
したが。深刻な状況にな治療を継続していたが抑うつ状態に変化がないまま
年半が休職のお悩みもすぐ聞ける。お陰様でうつ状態は回復してきたと同時に。復職のことを思うと。うつ病で休職
したことが本当に偏見で見られるのだろうと。とても恥ずかしく辛い不安感や
ザワザワした感じは大分改善しましたが。気持ちや体調にも波があり。無性に
イライラすることもあります。うつ病休職から。寛解後。復職しても。一年後
無事に再発や再休職せずに残れるのは二割程度。リワークなどは五割程度と聞き
ました。五ヶ月休職で来月から復職したいのですが。うつ病の症状は治りまし
た。

私もうつ病持ちで、3ヶ月入院しました。周囲には大変感謝しています。1についてですが、それは人事の仕事なので強要されるのはおかしいです、まして以前から相談されていたとの事で、人事の職務怠慢かと思います。2について、その分はお仕事で無理のない範囲で、今後挽回されていけばよいかと思います。3について、今後は無理をしないような気持ちを持って仕事をされればよいとおもいます。4について、私は過去4回入院しました、このようにうつ病は慢性化すると再発しやすい病気です。その事を認識して危ないなと思ったら、有給等を使うようにしましょう。再発患者が言うのもおかしな回答ですが、左遷されず良い環境に復職を認められたという事は質問者様は必要な存在だからだと思います。どうか卑屈にならず、ご自身の価値を認識してください。就業規則に定められている休職期間以上にそれを認めてくれてたのなら、何も言えないんじゃないでしょうかね?例えば『休職期間は半年』となっていたら「半年経ったけど復職の見通しが立たないので自主退職を」とかね。1.感謝の強要ってのは結果的にそう言う会社なんでしょ。なのにその会社に復職している訳ですからそこもどうなのでしょう?再発する可能性だってないとも言えないし。2.会社次第でしょ。でもそんな会社なら働ける間はずっと「職を失わなかった事に感謝しろよ」でしょうね。3.割り切って会社の言いなりになる。下手に考えたりしたら再発の危険もあるし、再発したら退職勧奨かも。4.そんな会社で前向きな考えを通そうとしたら、いつかダウンするかもね。心も身体も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です